仮想デスクトップインフラストラクチャ(Virtual Desktop Infrastructure:VDI)は、データセンター内のリソースを使用してデスクトップOSを集中的に管理、実行し、エンドユーザーにデスクトップをリモート表示する新しいコンピューティングモデルです。

 マイクロソフトは、Windows Server 2008 R2にVDIの機能を実装するために、Windows Server 2008のターミナルサービス(TS)を拡張し、リモートデスクトップサービス(RDS)として再設計しました。新しくなったRDSのTSの後継機能については、「プレゼンテーションの仮想化---リモートデスクトップサービス(1)」で説明しました。ここでは、Microsoft VDIの実装であるRDSのVDI機能について説明します。

Microsoft VDIのシステム構成

 Microsoft VDIでは、デスクトップOSを実行する仮想マシン(仮想デスクトップ)をWindows Server 2008 R2のHyper-V上で実行し、リモートデスクトッププロトコル(RDP)を利用した仮想デスクトップへのリモート接続をエンドユーザーに提供します。

 図1は、Microsoft VDIの標準的なシステム構成です。Microsoft VDIのシステム構成は、リモートデスクトップ(RD)セッションホストのファーム構成に非常によく似ています。1台のRDセッションホストを専用ファームリダイレクトとして構成したファーム構成の、複数のRDセッションホストのそれぞれを仮想マシンに置き換えた構成になります。

図1●RDSのインフラストラクチャ上に構築されるMicrosoft VDIのシステム構成
[画像のクリックで拡大表示]

 リモートデスクトップ(RD)接続ブローカーは、RDセッションホストのファームに加えて、仮想デスクトップのためのブローカー(仲介者)として動作するように拡張されています。Microsoft VDIにおいて、RD接続ブローカーは、ユーザーの接続要求を仮想デスクトッププール内の空いている仮想マシンに割り当てたり、特定の個人用デスクトップに割り当てたりします。また、切断されたセッションの再接続を可能にします。Hyper-VとRD接続ブローカーの間には、リモートデスクトップ(RD)仮想化ホストというコンポーネントが介在し、仮想マシンの起動と保存を担当します。

 その他のコンポーネントは、RDセッションホストのシステム構成と共通です。リモートデスクトップ(RD)Webアクセスは、仮想デスクトップへの接続ポイントとなるポータルとして機能します。エンドユーザーは、RD Webアクセスの単一のポータルを使用して、RDセッションホストが提供するRemoteAppプログラムに加えて、仮想デスクトッププールや個人用仮想デスクトップへの接続を開始できます。インターネット経由の外部接続には、リモートデスクトップ(RD)ゲートウェイを使用できます。App-V Client for RDSを使用したRDセッションホストとMicrosoft Application Virtualization(App-V)の連携と同じように、仮想マシンにApp-V Client for Desktopを展開することで、Microsoft VDIとApp-Vを連携させることができます。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら