Windows Virtual PCの仮想マシンには、3つの実行モードが存在します。「統合機能を無効にする」「統合機能を有効にする」「仮想アプリケーション」の3つのモードです。通常は、「統合機能を有効にする」または「仮想アプリケーション」のいずれかのモードで利用します。

仮想マシンの3つの実行モード

 「統合機能を有効にする」と「仮想アプリケーション」モードでは、仮想マシンを開始してもゲストOSの起動画面が表示されません(図8)。また、保存された資格情報を用いて自動ログオンするため、ログオン画面も表示されません。

図8●「統合機能を有効にする」モードでは、ゲストOSの起動画面やログオン画面が表示されない
[画像のクリックで拡大表示]

 「統合機能を無効にする」モードに切り替えると、ゲストOSの起動画面も、ログオン画面も表示されます(図9)。この動作の違いの理由を知ることで、Windows Virtual PCのテクノロジの詳細を理解することができます。

図9●[統合機能を無効にする]をクリックすると、ゲストOSの起動画面やログオン画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら