Linux-HAは、物理サーバーのHA(高可用)化やディザスタリカバリだけのものではなく、クラウドや仮想化とも相性がいい。この分野は変化が早いため、ここではいくつかのヒントを挙げてみよう。新しい効果的な活用方法が今後も生まれてくるかもしれない。

クラウド基盤のHA化

 クラウド環境を実現する多数のツールがあるが、HadoopのNameNodeデーモンのように、マスターコントローラ的なサーバーが単一障害点になるシステムが案外多い。ここをLinux-HAで冗長化し、コントローラの故障でクラウド全体がダウンしないようにできる。

図1●Hadoop NameNodeのHAクラスタ化
図1●Hadoop NameNodeのHAクラスタ化

 実際、Hadoopの開発者が在籍する米Clouderaは、Heartbeat HA Configurationという技術情報を公開している。これはHeartbeatとDRBDでNameNodeやJobTrackerを冗長化するための手順の説明書になっている。

ゲストOS同士のHA化

 物理サーバーの突発的な故障への備えとして、異なる物理サーバー上のゲストOS同士でHAクラスタを組みたいというニーズもある。このような用途の場合、ライセンス料が不要でライセンス管理も不要というLinux-HAのメリットが生きてくる。

図2●ゲストOS同士のHA化
図2●ゲストOS同士のHA化

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら