前回はビジネスモデルの視点から、国内のISP(インターネットサービスプロバイダー)にとっての外部環境の変化、そしてVNE(Virtual Network Enabler)とISPの役割を解説した。今回は、まずNTT東西のフレッツ 光ネクスト(NTT-NGN)を使ったIPv6インターネット接続に関するビジネスモデルを紹介する。さらに、これを実現するための各プレーヤーの役割を技術的な視点を踏まえて解説していく。

IPv6ネイティブ接続を構成する各プレーヤーの役割

 まず、ネイティブ方式によるIPv6インターネット接続の全体像を把握するために、同方式のビジネスモデルを構成するプレーヤーを(1)ISP、(2)VNE、(3)NTT東西の3者に分けて考えてみたい。

 各プレーヤーの役割分担を整理すると図1に示す通りとなる。エンドユーザーは、インターネット接続事業者としてのISP、およびアクセス網を担当するNTT東西と契約することになる。エンドユーザーは、契約面でVNEとの接点を持つことはない。VNEは、各ISPにIPv6インターネット接続の卸サービスを提供し、他方ではNTT東西と相互接続する。ここで言う卸サービスは、ローミングサービスとも呼ばれている。

図1●IPv6ネイティブ方式におけるISPとVNE、NTT東西の役割
VNEはISPにネットワークの卸サービスを提供する。エンドユーザーはISPと契約するので、VNEとの直接の接点はない。
[画像のクリックで拡大表示]

(1)ISPの役割

 ネイティブ接続において各ISPは、従来のIPv4におけるビジネスモデルと同様に、エンドユーザーがIPv6インターネット接続の料金を支払うための契約窓口や、技術面を含む各種問い合わせの窓口機能を持つ。設備面では、電子メールやWeb、ブログなどのサービスをエンドユーザーに提供するために、サーバーなどを構築・運用する。さらにクラウドなどの新規事業を展開するため、サーバーファーム(例えば、多数のサーバーを置いたデータセンター)などを構築することもある。

 各ISPはこれらのサーバーなどをインターネットに接続する際に、VNEにアウトソースしたネットワークに直接接続することになるだろう。これは、サーバーを使って提供する各種サービスの品質を保つために、エンドユーザーが契約しているISPのサーバーと最短距離で接続されることが求められるためである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら