製品名ノートン モバイル セキュリティ
開発会社シマンテック
価格1年版2980円(想定実売価格)
対応キャリアNTTドコモ、ソフトバンクモバイル
紛失対策あり
マルウエア対策あり
Webアクセス制御なし
通話/SMSのブロックあり

 今回はシマンテックが2011年3月25日に発売した「ノートン モバイル セキュリティ」の搭載機能を見ていく。

 NTTドコモのAndroidスマートフォン「GALAXY S(SC-02B)」にインストールして試用した。

 ノートン モバイル セキュリティは、「紛失対策」「マルウエア対策」「通話/SMSのブロック」の3機能を搭載する製品である(写真1関連記事)。インストール方法はパソコンとほぼ同じ。ソフトウエアをシマンテックのサイトからダウンロードして、店頭で購入したライセンスコードを入力する。ソフトウエアはAndroid Market以外から入手することになるため、端末側でインストール関連の設定を変更しなくてはならないケースがある(写真2)。

写真1●「ノートン モバイル セキュリティ」の画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●インストール関連の設定変更が必要なことがある
Android Market以外のサイトから入手したソフトウエアをインストールするため、「提供先不明のアプリ」をチェックする。
[画像のクリックで拡大表示]

盗難対策に使える4機能

 盗難対策として使える機能としては、(1)リモートロック、(2)リモートワイプ、(3)リモート検索、(4)SIMカードロック---を搭載している。いずれも、遠隔から端末を保護するものだ。リモートロックは端末をロックする機能、リモートワイプは端末内のデータを削除する。リモート検索を使うと、端末の場所を把握できる。そしてSIMカードロックは、他のユーザーにSIMカードを挿し替えられて端末を使われてしまうことを防止する。

 リモートロック、リモートワイプ、リモート検索は、端末のSMS(Short Message Service)機能を使用する。既定の書式で端末のワイプ、ロック、検索の命令を記述されたSMSメッセージを受信することがトリガーとなり、それぞれの処理が実行される。

 これらの機能を使う前に、パスワードを決めておく必要がある(写真3)。併せて、「信頼できる友人」も指定しておいた方がいいだろう(写真4)。信頼できる友人の携帯電話番号が、パスワードを忘れてしまった際に端末をアンロックするために必要となる。

写真3●リモートロックやリモートワイプのためのパスワードを設定する
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●パスワードを忘れた場合に備えて、信頼できる友人を設定しておく
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら