エクスプローラー詳細表示の列を設定する

 エクスプローラーで筆者が一番よく使うのは「詳細」表示です。詳細表示では列をドラッグして順番を入れ替えたり、列の右端をドラッグして幅を変更できます。右クリックして図48のメニューを出し、表示する列を設定することも可能です。「その他」を選ぶと図49の画面が現れ、表示する項目の選択肢がさらに増えます。正直、多過ぎてどれを使えばいいのかと思うほどです。たまに、自分のニーズに合致した列を見付けられることがあり、そんな時は得した気分になれます。

図48●エクスプローラーで詳細表示にし、列を右クリックしてメニューを出した様子
[画像のクリックで拡大表示]
図49●図48のメニューで「その他」を選ぶと現れる画面
[画像のクリックで拡大表示]

 詳細表示以外のものを使うこともあります。例えば、「コンピューター」の画面では、グラフによるディスクの空き容量表示が便利なので「並べて表示」を使います。写真やビデオなど、ファイル名が年月日と番号だけで中身がわかりにくいものは、アイコン表示(サムネール表示)を使います。「高速に操作する(1)」で紹介した通り、Ctrl+ホイールで大きさを変えるのが便利です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら