日本で高い人気を誇る軽量Linuxディストリビューションの最新版「KNOPPIX 6.4.4」と「Puppy Linux 5.2」が相次いでリリースされている。それぞれ日本語版の登場が迫る中、一足先に最新機能を紹介する。

 軽量Linuxディストリビューションは、複雑なカスタマイズを施さなくても機敏に動作するようメモリー容量やデスクトップ環境などを軽量化したタイプのディストロだ。中でも日本で1、2の人気を争うのが、ドイツのKraus Knopper氏が開発する「KNOPPIX」とオーストラリアのBarry Kauler氏が開発する「Puppy Linux」である。

 いずれもCD-ROM1枚で起動できるライブ版で、かつ設定ファイルやユーザー・ファイルを保存する機能を標準で備える。USBメモリーへインストールすることも可能だ。128Mバイト以下のメイン・メモリー容量でも動作することから、古いパソコンを再利用するのに向く。

 その“本家版”が、2010年末から2011年にかけ相次いでバージョンアップされている。KNOPPIXは、バージョン6.4.3のドイツ語版および英語版が2010年12月20日に登場。次いで2011年2月11日には、バグフィックスなどを施した「KNOPPIX 6.4.4」が公開された(写真1)。従来はバージョン6.2.1が最新だった。2月時点では、6.4.4をベースにした日本語版が提供される見通しである。

写真1 ライブ版ディストロの草分け的存在「KNOPPIX」の最新版「6.4.4」
[画像のクリックで拡大表示]

 一方のPuppy Linuxは、日本語版の最新バージョンが2009年秋リリースの「4.3.1」である。だが本家の英語版は4.3.1以降、大きく2つの系統で進化している。

 一つは4.3.1の直系となる「Wary Puppy」だ。その最新版であるバージョン5.2が2011年2月21日にリリースされた。日本語版については2011年2月末時点では、Waryをベースにした開発途上版がインターネットで公開されている(写真2)。

写真2 「Wary Puppy 5」の日本語・開発途上版
[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つはUbuntuベースの派生版「Lucid Puppy」。こちらは2011年1月6日、従来のバージョン5.1.1から「5.2」になっている(写真3)。

写真3 Ubuntuベースの「Lucid Puppy 5.2」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら