皆さんこんにちは。ミラクル・リナックスの天野光隆です。日経Linux誌では時々登場させていただいてますが、ITproでの寄稿は初めてになります。ミラクル・リナックスは、LinuxサーバーOSや、デジタルサイネージソリューションの開発、販売を行っている会社で、私は組み込み関連の開発を行っています。

 Androidは携帯電話のOSというイメージがありますが、普通のパソコンでも動作します。以前にも「話題の携帯向けOS「Android」をx86パソコンで動かしてみよう」という記事がITproに掲載されましたが、今回はより新しいバージョンのAndroidを動かしてみましょう。

 「Android 2.3(開発コードネーム:Gingerbread)」は2010年12月に米Googleが正式リリースした、携帯電話向けAndroidの最新版です。前バージョンである「Android 2.2(開発コードネーム:Froyo」ではJIT(Just In Time)コンパイラによるアプリ高速化、Adobe Flash Player 10の対応、テザリングなど様々な機能強化が行われました。Android 2.3ではコンカレントGC(Garbage Collector)によるJavaアプリケーションのレスポンス向上や近距離無線通信NFC(Near Field Communication)のサポートなど、より多くの機能が追加されています。

 x86 CPUの対応は「Android 1.5(開発コードネーム:Cupcake)」にて初めてサポートされ、別プロジェクトである「Android x86」プロジェクトは、ASUS EeePCへのポーティングから始まり、今では多くのPCにで動作するようになりました。お手持ちのPCで動作するかどうかはこちらのページで確認することができます。

 まずは、このAndroid x86プロジェクトの「Froyo-x86」ブランチを使用して、Android 2.2をPCで動かしてみましょう。代表例として、ASUS社のネットブック「EeePC 901X」でAndroid 2.2を動かすことにしましょう。

 現在パソコンに入っているOSやデータを消さないように、USBメモリーにインストールして、そこからブートします。

必要なのはUSBメモリーとパソコン、イメージ・ファイルも提供

 それでは、

(1)512Mバイト以上の容量があるUSBメモリー
(2)Ubuntu 10.04 64bit版がインストールされたパソコン

の2つを用意して下さい。

 Ubuntu 10.04がインストールされたパソコンをお持ちでない方も多いでしょうが、導入は非常に簡単です。今インストールされてWindowsをそのまま残して共存させることもできます。ぜひこの機会にUbuntuをインストールしてみてください。

 環境は用意できないけれども、とにかく今すぐに触ってみたいという方向けには、すぐにUSBメモリーにインストールして使えるイメージ・ファイルを用意しました。本記事の最後で紹介するミラクル・リナックスのサイトからダウンロードできます。

ビルド環境を構築

 準備ができたら作業を始めます。以下の作業はすべてUbuntuの端末(コンソール)上で行います。最初はビルド環境の構築のために必要なパッケージのインストールです。以下のコマンドを実行してください。

$ sudo add-apt-repository "deb http://archive.canonical.com/ lucid partner"
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install sun-java6-jdk
$ sudo update-java-alternatives -s java-6-sun 
$ sudo apt-get install git-core gnupg flex bison gperf build-essential zip curl zlib1g-dev gcc-multilib g++-multilib libc6-dev-i386 lib32ncurses5-dev ia32-libs x11proto-core-dev libx11-dev lib32readline5-dev lib32z-dev

 次は、Android専用プロジェクト管理ツール「repo」のインストールです。repoはgit(Linuxカーネルのソースコード管理を目的として開発されたツールです。分散型バージョン管理システム)のラッパーとして動作し、Androidのソース・ツリー群を一括管理できます。

$ cd $HOME
$ mkdir bin
$ curl http://android.git.kernel.org/repo >~/bin/repo
$ chmod a+x ~/bin/repo

 JDK(Javaの開発キット)のインストール場所を示す環境変数「JAVA_HOME」と、先ほどインストールしたrepoへのパスを設定します。

$ export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-sun
$ export PATH=$PATH:~/bin

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら