スマートフォンの勢いが止まらない。MM総研の2010年12月の発表によると、2010年度のスマートフォン出荷台数は675万台。当初440万台としていところを上方修正した。234万台だった2009年度の約2.9倍となり、総出荷台数の18.1%を占める計算だ(MM総研の発表資料)。

 スマートフォンの差異化機能の一つとして、通信事業者がおサイフケータイ機能の搭載を口にし始めたのが2010年春のこと。それから1年、Android端末のおサイフケータイ対応機種は一気に増えた(第1回の表2)。

写真1●おサイフケータイのスマートフォン対応を表明した企業の一覧
[画像のクリックで拡大表示]

 おサイフケータイ対応機種の広がりに伴い、サービス提供事業者もスマートフォン対応機向けのサービス開発を急いでいる。

 既に「iD」を提供するNTTドコモ、ビットワレット(Edy)、イオン(モバイルWAON)、ANA(ANA旅達)、ビックカメラ(ビックポイントケータイ)、ヨドバシカメラ(ゴールドポイントカード)、日本マクドナルド(かざすクーポン)、JCB(QUICPay)が対応済み。JR東日本(モバイルSuica)、セブン&アイ・ホールディングス(nanaco)、JAL(ICポケットアプリ)なども今後の対応を予定している(写真1)。

 サービス事業者に聞くと「スマートフォンへの対応は当然」とする一方で、既存の携帯電話とスマートフォンの違いや、主導企業が不在であることによる混乱があるようだ。以下では、いち早く対応した日本マクドナルドとANAの事例を中心にスマートフォン対応の実際を紹介する。

中継サーバーの追加で対応

 日本マクドナルドが、おサイフケータイ機能を搭載したAndroid端末向けに「かざすクーポン」の提供を始めたのは2011年3月4日のこと(写真2写真3)。かざすクーポンは、マクドナルド店頭の専用読み取り機にユーザー端末をかざすことで、セットメニューなどの割引を受けられるサービスである。おサイフケータイの電子マネー決済サービスとの併用で、注文から商品代金の支払いまでの一連の処理を「かざす」だけで実行可能になる。

写真2●日本マクロドナルドのかざすクーポン
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●現在地の近くにある店舗を検索できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら