スマートフォンに広がるFeliCaとNFC(近距離無線通信)。両者は競合関係として比較されることが多いが、端的に言うと両者は包含関係にある。後発規格のNFCが、実装で先行していたFeliCaを含むという関係である(図1)。

図1●NFCとFeliCaの関係
FeliCaやMifareなど既存の近距離通信の通信方式を包含するプロトコルと、データフォーマットなど上位レイヤーを規定したのがNFCである。
[画像のクリックで拡大表示]

 FeliCaを開発したソニーは、MIFAREを開発したフィリップス、およびノキアと共に、近距離通信の推進団体「NFCフォーラム」を2004年に設立。既存のISO 14443 Type A(MIFAREやTASPO)、同B(住基カードなど)、FeliCaといった規格をすべて網羅するように定めたのだ(写真1)。

[画像のクリックで拡大表示]

 FeliCaとNFCによって実現されるサービス(通信モード)もほぼ同じ。通信相手のICカードの情報を読み込む/書き換える「リーダー/ライター」、NFCデバイス同士で情報をやりとりする「P2P(ピア・ツー・ピア)」、NFCデバイスがICカードとして振る舞う「カードエミュレーション」の3種類である。

 カード情報を収容する端末の形状としては、プラスチックカードのほか、機器への組み込みやポスターなどの紙媒体への貼付を想定した小型タグも用意されている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら