Internet Explorer(IE)9、Firefox(FF)4と最もメジャーなWebブラウザーがこの3月、相次ぎバージョンアップした(注1)。いずれもウリは、軽量化・高速化および「HTML5」をはじめとする次世代Web技術への対応である。米マイクロソフトはそのすごさをアピールするために、Internet Explorer Test DriveというWebサイト上でIE9に最適化した次世代のWebサイトをデモしている。それらを眺め、操作してみると、なるほど、これからのWebサイトとはこういうふうになるのかというのがよく分かる。

注1 IE9のリリースは3月15日。ただし日本語版については、東日本大震災の影響により延期されており、3月末時点で正式にはリリースされていない。日本語版以外については予定通り提供されている。

 現在のWebサイトの大半は、業界標準として使われている「HTML4.01」および「CSS2.1」をベースに制作されている。HTML4.01の規格がW3C(World Wide Web Consortium)で策定されたのは1999年のこと。CSS2は1998年に勧告され、その後、マイナーバージョンアップとなる2.1の勧告候補が公開されている。レガシーマイグレーションによってメインフレームからWebシステムに移行した業務アプリケーション、企業の広告や販売に欠かせなくなったB2BやB2CのECサイト、盛り上がりつつあるSaaSなど、この10年間に作られたWebシステムは、これらを利用して開発されている。HTML/CSSは10年以上にわたって使われ続けてきた“枯れた技術”なのである。

 IE9およびFF4のリリースは、HTML4からHTML5(注2)への移行を加速するだろう。米Net Applicationsの調査によれば、IEとFFを合わせると2011年3月時点で全ブラウザーの4分の3のシェアを占める。そのためWebサイトや業務アプリケーションは、IEとFFをクライアントの動作環境として推奨していることが多い。両ブラウザーがHTML5対応となれば、クライアントの作り方を根本から見直す契機になる。その意味で、この春は情報システムのアーキテクチャーの、10年ぶりのターニングポイントなのだ。

注2 W3Cで策定中の仕様が狭義の意味でのHTML5だが、CSS3、JavaScript API、SVGなど様々な次世代Web技術の総称としてHTML5という言葉が使われることも多い。ここから先は後者の意味でHTML5という言葉を使う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら