「youRoom」は企業内や特定組織内だけで使えるミニブログだ。セールスフォースの「Chatter」と同様、リアルタイムの協業を支援する。

 基本機能はTwitterに似ている。一度に投稿できる文字数は140文字まで。投稿したメッセージは、指定したグループ内で共有される。利用者同士の直接メッセージは、互いに承認し合った相手とだけやり取りが可能だ。「メーリングリストを補完して、効果的な協業を可能にする」(SonicGardenの倉貫義人代表)。

 昨年12月に有料版の料金体系を発表した。1カ月当たりのファイル転送容量が無料版は40Mバイト、有料版は500Mバイトといった違いがある。

図1●SonicGardenが提供する「youRoom」の特徴
他システムとの連携機能を提供するほか、利用者を増やすための方策に工夫を凝らす
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はフリーミアムモデルを最大限に生かすために、二つの利用者拡大策を打ち出している(図1)。一つは無料版と有料版に加えて、「ファンプラン」と呼ぶ利用形態を用意したことだ。

 ファンプランの利用者はyouRoomからTwitterを呼び出す機能を使って、youRoomの使用感や改善要望をTwitterでつぶやく。すると2カ月間、有料版と同じくすべてのデータファイルを投稿できる。

 もう一つは有料版の料金をドル建てにし、かつ決済方法をオンライン決済サービスの「PayPal」としたことだ。ドル建てにしたのは、世界規模で利用者拡大を図るため。「最初から世界展開を視野に入れている」と倉貫代表は話す。早ければ今春に欧米でもサービスを開始する。

 PayPalを使うのは「利用者がクレジットカード情報を入力する手間が省ける。当社もクレジットカード会社と契約する手間をなくせる」(同)からだ。企業向けに、請求書など他の決済方式も近く導入するとしている。

 企業の情報システム基盤として使えるよう、機能拡張の仕組みも用意している。社外のWebサービスと連携するためのAPIを公開しているほか、機能追加モジュールを開発するツールを公開する計画だ。「CRMシステムとの連携などを想定している」(同)。

 当初はSonicGardenやTISがyouRoomと連携したアプリケーションを開発し、他の開発者を募っていく。

  • サービス名:youRoom
  • 開発元:TIS(社内ベンチャーのSonicGarden)
  • 分類:企業内ミニブログ
  • 主な機能:プロフィールの登録・共有・検索、短文やファイルの投稿・共有
  • 無料版の・制限事項:毎月のファイル転送量が40MB、共有可能なファイルは画像とPDF
  • 有料版の料金:一人当たり月額5ドル、または年額45ドル
  • 連絡先URLhttp://youroom.in/
出典:日経コンピュータ 2011年2月3日号 pp.28
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。