ネットを通じて社外の不特定多数の人々から知的生産力やコンテンツなどを調達するのがクラウドソーシングだ。商品開発や販促、コスト削減などで活用事例がある。第1回・第2回は、不特定多数に知的労働を委託した事例として、ハウス食品やP&Gジャパン、クラウンジュエル、リクルートを取り上げる。第3回・第4回はSNSで顧客参加型の商品開発に取り組むエースコックやソニー・ミュージックジャパン・インターナショナル、全日本空輸を紹介する。

目次


出典:日経情報ストラテジー 2009年7月号、2008年6月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。