言語を知らなくても簡単にAndroidアプリが作れる――。誰でもプログラマになれる“驚愕”の開発ツールが登場した。米Google社が提供する「App Inventor」だ。早速、開発のしやすさを体験してみた。

 米Google社は2010年12月16日、Androidアプリを開発するためのツール「App Inventor」のベータ版を一般公開した。同年7月から登録者のみに提供していたものだ。ツールおよびWebサービス、Javaアプリの3つの組み合わせで実現している。

 App Inventorの特徴は、プログラムをコーディングしなくても、Androidスマートフォンで動作するアプリが即席に作れること。パズルを組み合わせる感覚でプログラムを作成できる(図1)。Javaを知らない人でも、Androidスマートフォンを持っていれば、そのまま個人用のアプリが即製可能だ。

図1 App Inventorでの開発の流れ
[画像のクリックで拡大表示]

App Inventorをインストール

 では早速、App Inventorをパソコンに導入して使ってみよう。

 準備するものは、パソコンとWebブラウザ。動作環境を表1に示す。PCのOSは、Windows、Linux、Mac OSのいずれも対応する。このほか、GmailアカウントとJava実行環境が必要。パソコン上のエミュレータソフトでもテスト実行できる。

表1 App Inventorの動作環境
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、App Inventorのサイトにアクセスする(写真1)。右側の「Get Started」をクリックすると、インストール手順などが表示される。ページ中段にJava環境を確認する説明がある。「www.java.com」のリンクをクリックし、必要な環境をセットアップしておく。その後、ページの最下部に行くと、OSごとにページのリンクが用意されている。利用しているOSのリンクをクリックする。

写真1 App Inventorのサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsの場合、ページ上部にある「Download」のリンクをクリック。ダウンロードしたインストール実行ファイル(AppInventor_Setup_Installer_v_1_1.exe)をダブルクリックすれば、セットアップ用ウイザードが起動。ライセンスの合意やインストールフォルダなどを設定する。

 完了後、同ページの最下部にある「Build your first app with the emulator」をクリック。現れるページの上部にある「http://appinventor.googlelabs.com」を選び、次の画面でGmailアドレスとパスワードを入力して“サインイン”する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら