「1日でここまでできるとは。HTML5はハマれば速いかも」---日本Androidの会 神戸支部とHTML5-WEST.jpは2011年2月6日、「HTML5 x Android アプリ開発ハッカソン」を開催した。会場の兵庫県立大学大学院には約40人の開発者が集まり、10組に分かれてHTML5を活用したAndroidアプリ開発を競った。

写真●「HTML5 x Android アプリ開発ハッカソンの模様
[画像のクリックで拡大表示]

関西のコミュニティ「HTML5-WEST.jp」

 日本Androidの会 神戸支部は、2010年7月に設立されたコミュニティ。情報交換をしながら開発をするDevelopers’ Cafeや初心者向け講座など、月2回程度と活発に勉強会を行っている。

写真●日本Androidの会 神戸支部の高木基成氏
[画像のクリックで拡大表示]

 HTML5-WEST.jpは関西を中心にHTML5関連の勉強会やイベントを開催しているコミュニティだ。HTML5-WESTの村岡正和氏は「現在はまだブラウザによって実装状況が異なる部分もあるが、これから重要になってくる」と語る。

写真●HTML5-WESTの村岡正和氏
[画像のクリックで拡大表示]

「初心者も歓迎」のハッカソン

 このハッカソンは「初心者歓迎!」と銘打ち、参加者の中にはHTML5やAndroidのアプリを開発するのは初めてという人もいた。そういった参加者向けに、午前中はチュートリアルが行われた、講師は夜子まま氏。アプリ開発コンテスト「Masuup Award 6(MA6)」でITmedia賞を受賞した猫語変換アプリ「猫語にゃん」や、「ゆかたんタイムライン」の作者である。チュートリアルではTwitterのつぶやきを取得して表示するアプリの作り方を解説した。

写真●夜子まま氏によるAndroidアプリ開発チュートリアル
[画像のクリックで拡大表示]

 チュートリアルが終わると、チーム分けだ。グラフィックスやコミュニケーションなど様々なアプリのテーマ案が出され、参加者は興味のあるテーマに集まるという形でチーム分けが行われた。最終的に「チーム初心者」、「チームビッグマウス」、「チームSencha」、「チームALiBi」、「チームマクド」、「チームグラフィック」、「チームいいね!」、「チーム文芸部」、「チーム紅」、「チーム白」の10組が結成された。

 各チームは昼食をとりながらアイディアをまとめたあと、開発に入った。ゴールは19時。約6時間でプレゼンまで含めて仕上げねばならない。全員がパソコンに向かい、一心に作業を始めた。

写真●もくもくと開発
[画像のクリックで拡大表示]
写真●ホワイトボードでディスカッション
[画像のクリックで拡大表示]
写真●さらにもくもくと開発
[画像のクリックで拡大表示]

 そして19時、タイムリミットが到来し、各チームのプレゼンが始まった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら