「3月12日の九州新幹線の全線開業に合わせて、“ご当地アプリ”を作ろう」。こんな活動を始めたのが、熊本支部だ。熊本支部は2010年の7月に発足、プログラマーだけでなく、デザイナーやプランナーなど多彩な顔ぶれが集まっている。ITproは、2011年1月22日に崇城大学で開催された、熊本支部としては第5回の勉強会となる会合「第1回アプリを作ろう(ご当地アプリ)」を取材した。

 22日の会合は、1月9日に東京で開催されたイベント「ABC(Android Bazaar and Conference)2011 Winter」(関連記事)の開催直後だったことから、同イベントの報告から始まった。ABC 2011 Winterでは、熊本支部のコアメンバーが上京、同支部の紹介のほか、今後ご当地アプリの作成に取り組むことを宣言、他の支部との連携も呼び掛けていた。

写真●熊本支部の会合「第1回アプリを作ろう(ご当地アプリ)」
[画像のクリックで拡大表示]

 ご当地アプリを作りたい――。こんな話題が誰からともなく出てきたのは、数回の勉強会を経た2010年末のことである。実際にアプリを作ることで、参加者のスキルが向上することは分かっていた。しかし、小規模なグループなので大作は望めない。ならばネタ勝負、ということで出てきたのが「ご当地アプリ」だった。九州新幹線の全線開通も間近に迫っている。熊本を売り込むご当地アプリは話題性があり、タイミングとしても絶好である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら