日本Androidの会が2011年1月9日に東京大学本郷キャンパスで開催した「Android Bazaar and Conference 2011 Winter(ABC 2011 Winter)」には、約2100人のカンファレンス参加者と約300人のボランティアが集まり、日本のAndroidコミュニティの盛り上がりを見せつけた(関連記事)。

 盛り上がっているのは東京だけではない。全国の様々な場所で日本Androidの会地方支部などのコミュニティが立ち上がり、東京に勝るとも劣らぬ熱意で、勉強会やハッカソンが行われている。

 このシリーズでは、そんな“ご当地”の元気なコミュニティ活動を紹介していく。第1回となる今回は「名古屋つくる部」、通称「つ部」のイベントを取材した。

Hello World!から半日でインテント、テスト自動化まで

 2011年1月15日、名古屋市の愛知工業大学 本山キャンパス。パソコンとAndroidスマートフォンを抱えた約40人の参加者が集まった。「つ部」が主催し「日本Androidの会 東海支部」と共催した「第1回 名古屋Android勉強会」。Androidアプリ開発を実際に作りながら学ぶというハンズオン講座である。

写真●第1回 名古屋Android勉強会
[画像のクリックで拡大表示]

 告知後ほどなく定員が埋まる人気ぶりとなったこの勉強会は、日本Androidの会 関西支部でシーリス代表の有山圭二氏(関連記事:有山氏が執筆した「Android徹底解説」)が講師を務め、「Hello World!」を表示するアプリの作成から始め、インテント(アプリケーション連携)の実装、JUnitを使ったテスト自動化までを半日でこなす濃い内容となった。

 このハードな内容にも関わらず、参加者は脱落者もなく最後までハンズオンをやりとげた。「Androidアプリを開発するのは初めてだったが、すごく勉強になった。これからたくさんAndroidアプリを作ってみたい」とある参加者は語った。

写真●第1回 名古屋Android勉強会 終了後の記念写真
[画像のクリックで拡大表示]

「第1回 名古屋Android勉強会」のハンズオン資料とUstream録画

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら