「電子書籍を、1分で世界に配信できます」──Androidをターゲットとした電子書籍アプリ作成サービス「Androbook」は、“衝撃的”なサービスだ。機能は最小限だが、無償で利用でき、既存の出版の枠組みに縛られておらず、多くの人々を巻き込む力を備えている。そして今も成長を続けている。

 Androbookが巻き込んだ人々の立場はさまざまだ。Androidアプリ開発者らは、自発的に「Androbookアプリをカイゼンする会」を開き、バージョンアップに協力した。デザイナは無償で協力してWebサイトをブラッシュアップした。

 Androbookの登場直後に起きた“事件”は、マンガ家の佐藤秀峰氏が、代表作『ブラックジャックによろしく』を電子書籍アプリとして全巻公開したことだ。プロのマンガ家が、単行本の累計発行部数1000万部以上というベストセラーをAndrobookを使い公開したのだ。

写真●マンガ家・佐藤秀峰氏は代表作『ブラックジャックによろしく』をAndroboookで公開した
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年1月の段階で、作成された電子書籍は累計1万3000冊近いという。その中には、電子書籍を公開するのではなく自分専用に使う、いわゆる「自炊」も含まれている。

 このようなAndrobookの成長は、計画したものではなく、人々を巻き込んだ勢いによるものだ。Twitterでのやりとりが広がりを支えた。

“衝撃的”だったAndrobook

 「最初は思いつきです」。作者の村上福之氏は、Androbookを作った当時のことをこう振り返る。数日で作り上げ、2010年10月に公開した。その「衝撃的」な内容は多くの人々の関心を集めた。なにしろ無償で、しかも分かりやすかった。

写真●Androbookの作者、村上福之氏。いつもスーツ姿という訳ではない

 Androbookは、電子書籍のAndroidアプリ(以下、電子書籍アプリ)を作るサービスだ。電子書籍用のコンテンツをWebから投入するだけで、アプリを生成してくれる。料金は発生せず、登録などの手続きも不要だ。

 できあがった電子書籍アプリは、米Googleが運営するAndroid Marketで公開することで、直ちに世界中に配布できる。有料で販売することも可能だ。このように、常識外れの手軽さで、電子出版が可能になった。

写真●AndrobookのWebサイト。zipファイルを投入するだけでAndroidアプリを生成する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら