IT業界でプロとして活躍するには何が必要か。ダメな“システム屋”にならないためにはどうするべきか。“システム屋”歴30年を自任する筆者が経験者の立場から、ダメな“システム屋”の行動様式を辛口で指摘しつつ、そこからの脱却法を分かりやすく解説する。(毎週月曜日更新、編集:日経情報ストラテジー

ユーザー企業のIT担当者にプレゼンするダメな“システム屋”
ダメな“システム屋”の会話 ダメな“システム屋” 「(スラスラスラ・・・)以上が米国の事例です。“ベストプラクティス”のご紹介でして、貴社の営業力強化に参考になると考えています」
ユーザー企業のIT担当責任者 「なるほど」
ダメシス 「私は名刺にもある通り“コンサルタント”ですから、業界の事情を熟知しております」
IT担当 「えっと、質問いいですか?この事例と当社との類似点は、営業担当者の入れ替わりが激しく、教育・育成に課題があるところでしょうか?」
ダメシス 「その通りです。さらに、扱う商材の種類・複雑さや、営業1人当たりの担当顧客数などにも共通点があると思います」
IT担当 「なるほど。それでは事例企業と当社で異なる点についてはどうお考えですか?」
ダメシス 「異なる点・・・ですか?」
IT担当 「そうです。事例は常に参考になりますが、この企業と同じソリューションが当社にとって効果があるかどうかは別問題ですよね。異なる点はどの辺ですか?」
ダメシス 「そうですね・・・やはり、企業文化とかでしょうかね・・・」
IT担当 「いや、そんな抽象的なことを言われても。向こうの企業文化など分かりませんし。例えば、入れ替わりの激しい営業担当者について、当社の場合は全くの未経験者が入ってくることが多いのですが、この事例企業は同業他社からの経験者採用が多いようですね」
ダメシス 「あっ・・・そうかもしれませんね」
IT担当 「あと、商材の種類ですが、当社ではコア技術を使った商品ばかりですから、幅広い商品知識よりも深い技術知識が重要です。その点、この米国企業の事例ではどうですか?」
ダメシス 「えっ、そうですね・・・仕入れて売るだけの商品が中心ですから、ちょっと違いますかね」
IT担当 「あと、担当顧客の数ですが、当社では顧客が東京や大阪など大都市に集中しています。移動時間を気にする必要はあまりなく、帰社して色々と確認するのも容易です」
ダメシス 「えー・・・」
IT担当 「この事例はどうでしょうか?米国内を自動車で移動するので、移動時間が相当かかるのではないですか。本社への出社は週に1回ぐらいですか?」
ダメシス 「えー・・・あー・・・」
IT担当 「当社との違いが分からないのなら、出直して来てもらえますか?」
ダメシス 「・・・(ちっ、楽勝だと思ったのに面倒なことになったな)・・・」

ダメな理由:自己採点が甘い

 前回(第20回)は“システム屋”が言う「横展開」の問題点を指摘しました。

 横展開と同じぐらいの頻度で“システム屋”が画策するのが「上流シフト」です。コンサルティングと言い換えられることもあり、そこには自称・コンサルタントが登場します。冒頭のような自称・コンサルタントは、同業他社の事例をベストプラクティスと称して紹介したがります。ユーザー企業が2~3個突っ込んだ質問をすれば、たちまち化けの皮がはがれてしまいます。

 “システム屋”の成長ベクトルには「大規模シフト」「専門シフト」「上流シフト」の3方向があります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら