ルーターやレイヤー3スイッチを経由して、LAN内のクライアントパソコンが外部のネットワークにある機器と通信する状況を考えてみよう。クライアントパソコンには、デフォルトゲートウエイのIPアドレスは一つしか設定できない。そこで、ルーターが故障した場合に備えて、デフォルトゲートウエイの役割を別のルーターに自動的に引き継ぐ技術が必要になる。それが「VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)」である。

VRRPはデフォルトゲートウェイを継承

 VRRPはRFC2338で規定されている。VRRPと同様の技術には各ベンダー独自のものがあり、特にシスコシステムズのHSRP(Hot Standby Router Protocol)は有名だ。おおよその特徴はVRRPと同じなので、まずはVRRPをきちんと押さえておきたい。

図2-1●VRRPの構成とデフォルトゲートウエイの切り替え
VRRPを使うことでルーター(デフォルトゲートウエイ)を冗長化する。
[画像のクリックで拡大表示]

 VRRPのキモは「仮想IPアドレス」。仮想IPアドレスをデフォルトゲートウエイとして複数のルーターで共有し、冗長化を実現する。図2-1は、ルーター2台を冗長化したケースだ。2台の間でVRRPを有効にすると、ルーター間でVRRP Advertisement(VRRP広告)というメッセージがやりとりされて仮想ルーターができる。この仮想ルーターは「仮想IPアドレス」と「仮想MACアドレス」を持つ。この仮想IPアドレスを、PC:AやPC:Bのデフォルトゲートウエイとして設定する。

 VRRPを使うことで、2台のルーターには「マスター」と「バックアップ」の役割が割り当てられる。仮想IPアドレスと仮想MACアドレスはマスターに割り当てられ、仮想ルーターがクライアントパソコンから受け取ったフレームはルーターAが処理してほかのネットワークへ転送する。

 VRRP Advertisementは相方のルーターが正常に動作しているかどうかの確認にも使う。ルーターBはルーターAからのVRRP Advertisementが届かなくなると仮想IPアドレスや仮想MACアドレスを引き継ぎ、自分がマスターとして振る舞うようになる。こうしてPC:AやPC:Bは、それまで同様仮想IPアドレスあてにパケットを送るだけで、ほかのネットワークへの通信を継続できる(図2-1の下)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら