遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 今年は久々にJava界隈がにぎやかになりそうです。Java SE 7や、JavaFX 2.0などのリリースが控えているだけでなく、AndroidやJava VM上で動作するスクリプト言語などの活況は続いています。

 6年目に入ったJava技術最前線では、引き続きJavaの新しい技術を紹介していく所存ですので、よろしくお願いします。

 さて、新年最初のJava技術最前線は、久々にSwingの話題です。

 とはいうものの、Java SEでのSwingではありません。

 現状、Swingは機能追加などがなかなか行われていない状況になっています。もともとJava SE 7で導入される予定だったSwing Application FrameworkBeans Bindingなどの機能も、Java SE 8に延期になってしまいました。

 Java SE 7では、本連載の2010年3月に取りあげたJLayerクラスが追加されるだけです。

 ところで、このJLayerクラスはもともとSwingXプロジェクトで開発されたコンポーネントです。

 SwingXプロジェクトでは、JLayerクラス以外にも様々なコンポーネントを提供しています。Swingの拡充が見込めない現在では、SwingXプロジェクトのコンポーネントは貴重な存在です。

 せっかくSwingXプロジェクトで魅力的なコンポーネントを提供しているのですから、これを使わない理由はありません。

 そこで、今月からSwingXプロジェクトについて取りあげていきます。

SwingXプロジェクト

 SwingXプロジェクトはもともとSwing Labsというプロジェクトのサブプロジェクトとして始まりました。

 Swing Labsプロジェクトのサブプロジェクトとしては、前述したSwing Application Frameworkや、アニメーションのためのTiming Frameworkなどがあります。

 また、すでにJava SEに導入されたSwingWorkerやNimbus Look&Feelも、もともとはSwing Labsプロジェクトのサブプロジェクトで開発された機能です。

 Swing LabsプロジェクトのメンバーもChet Haase氏やHans Muller氏など、当時のSwingのエンジニアが多く参加しており、活発に活動していたのです。

 しかし、2008年にSun MicrosystemsがSwingXを含めたSwing Labsへの支援を打ち切ってしまいました。この背景には2007年のJavaOneで発表されたJavaFXの存在があります。

 このため、現在ではSwing Labsプロジェクトの活動は停滞し、Swing LabsのWebサイトと、java.netのプロジェクトサイトは更新が止まってしまいました。

 そんな中、SwingXプロジェクトは地道に活動を続けてきました。

 支援が打ち切られた後の2009年1月に、SwingX 1.0をリリースしました。2009年11月にはJava SE 6に対応させたSwingX 1.6をリリースしています。原稿執筆時点でのバージョンはSwingX 1.6.2です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら