世界初の商用LTE(Long Term Evolution)サービスが北欧で始まってから1年が過ぎた。LTEならではといえる目新しいサービスは提供されていないが、一方で高いスループットにプレミアム料金を設定する通信事業者の動きが目立つ。今回は各社の料金メニューを紹介しながら、LTEの料金面について考察していく。


小川 敦/情報通信総合研究所 研究員

 2010年9月上旬に香港で開催されたLTE Asia 2010で、台湾・中華電信の林 一平氏(国立交通大学教授)がプレゼンテーションの冒頭で発した一言が印象に残っている。「通信事業者各社はコストの安さを主な理由にLTEを導入しようとしているが、LTEを導入してどのようなサービスでマネタイズするのかという戦略はほとんど聞かれない」---。この指摘には同感と言わざるを得ない。数々の国際カンファレンスや通信事業者各社のプレスリリースからも、LTEならではといえる目新しいサービスは見当たらない。オンラインゲームや高精細動画といった単語が出てくる程度で、これをもってサービス戦略とは言い難い。

 コンテンツなどに収益源を求められないとすれば、通信事業者にとっての収益アップの源泉は通信料金に限られる。LTEの商用サービスが始まっている海外市場を見ると、LTEの高い通信速度(スループット)にプレミアム料金を設定する傾向があることが分かる。今回は主に料金面からLTEについて考察していく。

テリアソネラが料金プランを改定

 2009年12月に北欧で世界初の商用LTEサービスを開始したテリアソネラは、2010年末までにスウェーデンの28都市にカバレッジを拡大し、2011年には228都市に広げていく。

 当初はトライアル的な意味合いもあって、2010年6月末まではかなり割安な料金を設定していた。それを7月以降は500クローナ(約6000円、1クローナ=12円換算)に引き上げ、9月23日には新たな料金プラン「Total 4G」を設定。月額599クローナ(約7200円)とした(表1)。これまで最も高かった「Stor」(HSPA向け)の269クローナに対して実に55%高となる。平均的なユーザーからすればこの金額はかなり高いと感じるはずだが、テリアソネラはこの料金体系でLTEのプレミアム課金が可能かどうかを確かめたいとしている。

 このほかボーダフォン・ドイツは9月にリゾート地で商用LTEを開始。「LTE Zuhause(LTE At Home)」という料金プランを発表した(表2)。最上級の「50000S」は69.99ユーロ(約7700円、1ユーロ=110円換算)と従来からすると高額であり、かなり果敢な料金設定といえる。

表1●テリアソネラの新LTE料金プラン
[画像のクリックで拡大表示]
表2●ボーダフォン・ドイツのLTE料金プラン「LTE Zuhause」
[画像のクリックで拡大表示]

 平均的なユーザからすれば、従来より55%も高い月額599クローナ(約7,200円、1クローナ=12円換算)という金額はかなり高いと感じるのではないかと考えられるが、テリアソネラは、この料金体系でLTEによるQoS機能にどれだけの課金が可能かを確かめたいとしている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら