IT業界でプロとして活躍するには何が必要か。ダメな“システム屋”にならないためにはどうするべきか。“システム屋”歴30年を自任する筆者が経験者の立場から、ダメな“システム屋”の行動様式を辛口で指摘しつつ、そこからの脱却法を分かりやすく解説する。(毎週月曜日更新、編集:日経情報ストラテジー

昇進を議論する役員会において
ダメな“システム屋”の会話 “システム屋”の役員A 「以上の理由で“プリンス君”を役員に推挙します」
役員B 「私は賛成ですな。当社創業以来最年少の役員昇格ということになりますが、彼なら申し分ありません。優秀を絵に描いたような人物ですから」
役員C 「私も賛成ですが、1つエピソードを申し上げたい。一昨年、一緒に米国出張にいった時ですが、彼は英語ができるだけではない。米国人とビジネスができると言うべきなんでしょう。何やらジョークもシャレていて、みんなで笑っているんですよ。ま、私を除いて」
役員A 「私の部門で在籍中の3年間、彼の評価はすべて満点です」
役員B 「その前は私のところにいましたが、その数年間もほとんど満点でした」
役員C 「ま、そのあたりがプリンスと呼ばれるゆえんでしょう」
社長 「ちょっと待った。質問していいかな。最年少といえども彼も入社してから20年はたつ。20年間で一度も失敗したというか、うまく行かなかったことはないのかな?」
役員A 「どうでしょう、聞いたことがありません」
役員B 「私も聞きません。傷がないということではないでしょうか」
役員C 「その辺がプリンスらしいのではないでしょうか」
社長 「去年の大トラブルは、彼のところで起きたんじゃないのか?」
役員A 「いや、あれは彼の部下の単独ミスです」
社長 「4年前にお客様ともめたとき、彼は何を担当していたのかな?」
役員B 「社長!あの時、状況報告書を作っていたのがまさに彼だったのです。簡潔で的確な文章だったと思いますよ。役員会議で回った文書も彼が作ったものでした」
社長 「ではあの時、お客様に怒鳴られながら調整していたのは?」
役員C 「それは、彼の部下の山田君あたりだったんじゃないでしょうか。山田君は頭を下げるのが得意ですから」
社長 「そうか。それでは質問を変えるが、我が社のプリンスに人望はあるかな?」
役員A 「この通り、役員がみな彼を推薦していますから、ありますよ、それは」
社長 「いや、人望だぞ。たとえば同期や若手からの人望だよ。システムの仕事はいわばトラブルの連続だ。失敗があったときの行動で、その人物の器が分かると言っても過言ではなかろう。それなのに20年間トラブルがないというのはどういうことなんだろう。まさか、悪いことは周囲の落ち度にしてきたのではないか?」
役員A 「そんなことはないです。彼はそんなやつではないですよ」
社長 「いや違う!周囲のせいにしてきたのは君たちなんじゃないのか!!このダメ役員どもが!!!」
役員A&B&C 「・・・(無言)・・・」

ダメな理由:“システム屋”の仕事に満点はない

 前回(第18回)とは角度を変えて、今回は経営陣・幹部の人事について述べます。

 仕事に失敗はつきものです。すべてが満点ならば、その人ばかりか会社が成功の連続であるはずですが、そんな会社は見たことがありません。

 “システム屋”が担う情報システム構築のプロジェクトならば、納期OK、品質OK、収益OK、顧客満足も人材育成も新技術挑戦もすべてがOKで満点とするならば、私は「満点プロジェクト」というものを見たことも聞いたこともありません。納期については一部の稼働を延期したものの、顧客満足では問題なく、また人材が急成長した、というプロジェクトであれば、何度か見たり経験したことがあります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら