IPv4グローバルアドレスの枯渇時期が間近に迫ってきました。在庫の大元であるIANA(Internet Assigned Numbers Authority)の在庫は未使用分があと2ブロック(1回ないし2回の割り振り分)しかなく、2011年2月頃に底をつくと見られています。このアドレス枯渇の影響で、インターネットは変わりはじめています。五つのポイントに注目して、この動きを追ってみましょう。

ポイント1:IPv4アドレスの残り在庫

 未使用のIPv4グローバルアドレスは、IANAから地域インターネットレジストリー(RIR)、国別インターネットレジストリー(NIR)、プロバイダーと階層状に、ひとかたまりを単位にして割り振られていきます。IANAの在庫が底をついた後は、RIRにある残り在庫を消費していくことになります。日本の場合はアジア太平洋地域のRIRであるAPNICになりますが、それも2011年のうちに消費してしまうと予想されています。

<ニュース>

<解説/コラム/インタビュー>

ポイント2:NTTのNGNを介したIPv6インターネット接続サービス

 早ければ2011年4月に、NTTのNGNを介したIPv6インターネット接続サービスが始まります。多くのユーザーにとって、IPv6インターネットが身近になるきっかけとなるでしょう。このサービスは「トンネル方式」「ネイティブ方式」の2通りの方法で提供される予定です。2010年はKDDI、日本インターネットエクスチェンジ、NECビッグローブ、ニフティ、朝日ネット、ヴェクタントの6社が、このサービスを見据えて新会社を設立するといった動きが見られました。

<ニュース>

<解説>

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら