人気Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新バージョン「10.10」が10月10日にリリースされた。10月16日には、日本語対応を強化した「Ubuntu 10.10 Desktop 日本語Remix CD」もリリース。新機能を試してみた。

 Ubuntu 10.10(コードネームは“Maverick Meerkat”はぐれミーアキャット)では、前バージョンからの改善を中心に多くの点で変更が加えられている(写真1)。

写真1 Ubuntu 10.10のデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]

インストール時間が短縮

 Ubuntu 10.10 Desktop 日本語 Remix CDを起動し、ハードディスクにインストールしてみると、インストーラが大きく変更されたことにまず気付く。設定中にコピーの処理が並行して実行されるため、ユーザーが設定を選んだり入力したりする時間の分、インストール時間が短縮される。筆者が試したところでは、起動から6分と極めて短時間で終わった。少なくとも30秒の短縮を実現している。

 インストールを開始すると、手順の最初の方でパーティション構成を尋ねられ、それに答えると、すぐにディスクのフォーマットとファイルのコピーが始まる。その後の、地域の選択やキーボードの設定といった初期設定を進めていると、画面下にコピーの進行状況が表示され、並行してインストールされていることが分かる。

 Ubuntu 10.10のデスクトップは、Ubuntu 10.04から大きな違いはないが、細かい点でいくつか変更されている。例えば、標準のパッケージ管理ツール「Ubuntuソフトウェアセンター」では、トップページのカテゴリー表示の下に「注目ソフト」と「新着ソフト」のコーナーが加わった。ここには、おすすめのソフトが入れ替わりで表示される(写真2)。

写真2 パッケージ管理ツール「Ubuntuソフトウェアセンター」
トップページのカテゴリー表示の下に「注目ソフト」と「新着ソフト」のコーナーが設けられた。
[画像のクリックで拡大表示]

 GNOMEパネルにデフォルトで置かれている「サウンドの通知」(音量メニュー)も拡張してある。「Rhythmbox」など音楽プレイヤーソフトの情報が表示され、操作もできる。

 Ubuntuのオンラインストレージサービス「Ubuntu One」をソーシャルサイト用メニュー「MeMenu」から呼び出したときに、専用ダイアログが表示され、アカウント作成に必要な情報を入力できるようになっている。10.04ではWebブラウザを起動して手続きをしていた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら