インターネットの世界で今、大きな変革が起こりつつある。ブラウザを使ったWebサイトへのアクセスから、単機能だが便利なアプリを使ったサービスの利用へ。汎用的なパソコンから、iPhoneやAndroid端末などのスマートフォンへ。ユーザーを囲い込むことで利益を得ようとする「ネットの巨人」同士がしのぎ合う中で、そんなプラットフォームシフトが世界規模で進行しているのだ。

 この大変革の波をいち早くとらえ、“The Web Is Dead. Long Live the Internet”と題するコラムとして発表したのが、米WIRED誌の人気編集長クリス・アンダーソン氏とジャーナリスト(同誌の協力編集者)のマイケル・ウォルフ氏である。2010年8月に発表するや世界中の人々に衝撃を与え、一大センセーションを巻き起こした。ここでは、『GQ JAPAN』2011年1月号に掲載された「The Web Is Dead (ウェブよさらば!?)」の日本語全訳のうち、アンダーソン氏が執筆したパートから、特に日本のユーザーにとってポイントとなりそうな部分を抜粋して紹介する(ITpro)。


 朝起きて、あなたはベッドサイドのiPadで電子メールをチェックする。それで1アプリ利用だ。朝食をとりながら、フェイスブックやツイッター、「ニューヨーク・タイムズ」のデジタル版を見る。3アプリ追加。

 通勤途中でスマートフォンのポッドキャストを聴いて、1アプリ。仕事中はRSSを使い、SkypeやIM(インスタント・メッセンジャー)で話をし、さらにアプリを利用する。帰宅してから、夕食を作りながらPandraを聴き、食後はXbox Liveでゲームをし、Netflixの動画配信サービスで映画を見る。

BLAME US

 このようにあなたは一日中インターネットを使っているが、ウェブは利用していない。そうしているのはあなただけではない。

 ここではインターネットとウェブの違いを語ろうというのではない。この数年間にデジタル世界に起きている大きな変化の一つは、ワイドオープンなウェブから、セミクローズドなプラットフォームへシフトが起きていることだ。

 後者ではインターネットを使うが、それはアップスを運ぶ手段としてであって、ディスプレイ用のブラウザとしてではない。そのシフトは第1に、モバイルコンピューティングのiPhoneモデルが開発されたために起きたが、その世界ではグーグルは動き回れないし、HTMLの支配は及ばない。

 また、消費者がそれを選ぶようになった理由は、ウェブの理念を拒絶したからではなく、単純に、そちらのほうが機能的で、生活にフィットしているからだ(ユーザーはスクリーンのある場所に行く必要はなく、スクリーンがやってきてくれる)。企業にとっても、お金を儲けるためには、このトレンドを強固にするだけでよいから楽なのだ。

 ウェブがデジタル革命の頂点でないことは、製造者も消費者も同意するところとなってきた。

(中略)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら