電子書籍に特化したシャープのタブレット端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」が2010年12月10日に発売になる。新聞、雑誌、書籍など約2万コンテンツを取りそろえる電子ブックストア「TSUTAYA GALAPAGOS」も同日からオープンする予定だ。端末の価格は液晶ディスプレイの大きさが5.5型のモバイルモデル「EB-W51GJ-R/S」が3万9800円、10.8型のホームモデル「EB-WX1GJ-B」が5万4800円。店頭販売はせず、インターネット経由および申し込み用紙を送付するとシャープから製品が届く、直販方式で販売する。

 新聞や月刊誌などを定期購読できる「自動定期配信サービス」、動画を埋め込んだり、レイアウトを維持したまま文字サイズを変更したりできる「次世代XMDF」フォーマットなど、汎用タブレットでは実現できていないサービスや機能を盛り込んでいるのが特長だ。電子書籍に特化しているため、操作性を含めた読みやすさも汎用タブレットより優れている。

 アップルのタブレット端末「iPad」発売以降、国内で一気に盛り上がりを見せる電子書籍市場。ソニーはGALAPAGOSの発売日と同じ12月10日に電子ペーパーを使った読書専用端末「Reader(リーダー)」を発売し、電子ブックストアも開設する。2つに共通するのは、電子書籍に特化していることだ。Readerはモノクロ表示な上、通信機能がなく、読書以外の機能はほとんど備えていない。GALAPAGOSは米グーグルの「Android」をベースにはしているが、アプリを追加する機能は今のところない。通信機能は無線LANで、ネットの閲覧やメールはできるので、ReaderよりはiPadなどの汎用タブレットに近い使い方ができる。

■GALAPAGOS
モバイルモデル ホームモデル
モバイルモデル ホームモデル
液晶ディスプレイ 5.5型(1024×600ドット) 10.8型(1366×800ドット)
バッテリー
駆動時間
約7時間 約10.5時間
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約92×12.9×167mm 約177×14.7×286mm
重さ 約220g 約765g
価格 3万9800円 5万4800円

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら