クラウドサービスのような新しいアーキテクチャを採用する際には、経営層や従業員の理解や後押しが欠かせない。最新の「景況・IT投資動向調査」では、クラウドサービスに対する経営層や従業員の関心度合いを調べてみた。

 具体的には、調査の回答者であるCIOやシステム部長に対し、この1年以内に経営層や利用部門の従業員から「クラウドの特徴や効果について聞かれたか」「競合他社の利用状況について聞かれたか」などを尋ねた(図1)。

図1●クラウドサービスに対する経営層と利用部門の関心度合い
図1●クラウドサービスに対する経営層と利用部門の関心度合い
回答者(システム部長やCIO)に対し、「この1年以内に経営層や利用部門から聞かれたり指示・依頼されたことは何か」を聞いた

 この結果を見る限り、経営層の関心は低くはないようだ。クラウドの特徴や効果、自社の導入状況や予定などをCIOやシステム部門に質問している割合は、利用部門の従業員よりも経営層の方が高い。3社に1社の経営層は、この1年のうちにクラウドの特徴や効果についてCIOやシステム部長に質問していた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら