ビデオカメラなど各種センサーから取り込まれる実世界のデジタルデータが急増している。ITは今、そうした実世界のデータをどん欲に取り込み始めている。同時に、スマートグリッドや高度道路交通システム(ITS)といった様々な社会システムを通して、直接・間接に我々の実世界の活動に影響を与えている。実世界とITが緊密に結合されたシステムを「Cyber-Physical Systems(CPS)」と呼ぶ。CPSの可能性と課題を考えてみよう。

 インターネット上のデータ量は指数関数的に増えている。調査会社の米IDCとストレージベンダーの米EMCが共同で実施した調査によれば、全世界で生成されるデジタル情報は、2009年12月時点で700エクサバイトだった。こうした状況が、「情報爆発」と呼ばれ注目されている。

国際競争力のカギを握るCPS

図1●米科学財団が2009年2月に発行した公募内容
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、Cyber-Physical Systemsという言葉が注目され出したのは、2009年のこと。米国科学財団(NSF)が米国での新たな研究支援プログラムとして、およそ年間30億円の予算をつけたことが一つのきっかけであろう(図1関連資料)。

 NSFは、それに先立つ2006年に、CPSに関するワークショップを開催し、CPSの可能性や課題などを議論している。その裏には、米国競争力委員会のレポートがある。米国が今後の世界で競争力を保つためにCPSが鍵になるという見方である。

 ITと実世界の融合は、CPS以外の言葉でも表現されている。例えば、米IBMは「Smarter Planet」というビジョンを通して、ITがセンサーやアクチュエータを介して実世界と融合される世界を推進しようとしている。米HPは、「CeNSE(the Central Nervous System for the Earth)」という同様なコンセプトを打ち出している。米MIT(マサチューセッツ工科大学))やAuto-ID Labsが中心になって推進している「Internet of Things」も同様のコンセプトだと言える。

 IT業界がこぞってCyber-Physical Systemsあるいは類似のコンセプトを打ち出していることは、このトレンドが、社会的要請とともに、ビジネスとしても魅力的になってきていることを示唆している。

 情報処理学会は毎年、「ソフトウェアジャパン」というシンポジウムを開催している。2011年2月3日に開く「ソフトウェアジャパン2011」では、「サイバー・フィジカル・システム-クラウドに組み込まれる実世界-」がテーマである。社会システムを変革していく手段としてのCPSに注目し、日本のソフトウエア技術がCPSの領域で、どのように貢献していけるのかを議論する予定だ。本連載を通じてCPSに興味を持たれたなら、是非会場にも足を運んでほしい。

 ところで、ITと物理世界の統合は、今に始まったことではない。現代の飛行機や自動車などは、非常に複雑なITが既に組み込まれている。高級自動車には、最大100個程度のプロセサが組み込まれていることもある。

 ではなぜ今、CPSが改めて注目されているのだろうか。それには、三つの理由があると考えられる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら