グーグルのクラウドの原点。それがWeb検索だ。検索サービスを改善するために世界規模の巨大インフラを構築し、それが新たな検索機能を生み出す土台になった。では、今から5年後、グーグルはどんな世界を実現しようとしているのか。技術担当幹部のインタビューを基に、グーグルが描く検索の将来像をみていく。

表●最近の検索機能強化の動き
[画像のクリックで拡大表示]

 米グーグルが、Web検索サービスの強化を急いでいる()。今年に入ってからだけでも、大小合わせて15回以上の強化を実施した。

 なかでも力を注いでいるのが、リアルタイム検索だ。「かつて、Web検索で得た情報の中身は、数日前のものであるのが当たり前だった。今では1分前に更新された情報ですら、検索できるようになった」(エンジニアリングと研究部門を担当するアラン・ユースタス上級副社長)。

 リアルタイム検索を可能にしたのが、昨年10月の米ツイッターとの提携である。ミニブログ「Twitter」の利用者が投稿したメッセージ(つぶやき)を検索できるようにした。Twitterのインデックスなどを直接検索することで、グーグルの検索システムがWebを巡回してインデックスを作成するよりも早く、Web上で更新された情報を検索できるようにした。この6月には、つぶやきに関連するニュース記事などを併せて表示する機能を追加した。

大衆の知恵で地図を充実

 リアルタイム検索を含めて、グ ーグルがここ数年かけて取り組んできたテーマは大きく四つある。個人ごとに最適な検索を可能にする「パーソナライズド検索」、現実世界の情報を取り込んだ「非ネット検索」、そして外国語の自動翻訳技術などを使った「言語の壁を超えた検索」である。

 パーソナル検索実現の方策の一つが、ソーシャルグラフの活用である。ソーシャルグラフとは、利用者のネット上における交友関係情報のこと。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)内の友人が書いた日記などを、一般的な検索結果に含めて表示する。

 「特定の商品に関して私の友人が書いたレビューは、他の人にとってはどうでもいいことかもしれないが、私にとっては非常に意味がある情報だ」。検索技術担当フェローのアミット・シングハル氏は、こう意義を述べる。

 非ネット検索の取り組みで有名なものは、実際の街路の写真を撮影して検索可能にする「Street View」、グーグルがスキャンした書籍の内容を検索する「Google Books」などがある。グーグルはカメラを搭載した自動車を世界中で走らせるなど、膨大な手間をかけて現実世界の情報をネットに取り込んできた。

 とはいえ、さすがに限界はある。特に問題が顕著なのがアジアだという。「アジアの都市は交通網が複雑で人口密度が高く、常に形状が変化している。例えばインドでは標識がなかったり道路に名前を付けなかったり、名前が付いていてもローカル言語であったりするといったことが多い。Webに情報を載せることは、非常に困難だ」(アジア太平洋地域で検索関連製品のプロダクト マネージメント ディレクターを務めるアダム・スミス氏)。

図●地図作成機能「Map Maker」の概要
利用者自身が地図上に地名を書き込んで、地図を充実させていくことができる
[画像のクリックで拡大表示]

 そこでグーグルは、利用者の力を借りて非ネット情報を集めることにした。その取り組みの一つが、「Map Maker」と呼ぶ地図作成機能だ()。利用者自身が地図上に地名や建物名などを書き込んでいける。利用者自身が編集できるオンライン百科事典「Wikipedia」と同様の手法を採用した。グーグルが地図情報の質と量が不十分と判断した、十数カ国向けに提供している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら