学生によるマーケティングプランのコンテスト「第2回 applim」のキックオフイベントが2010年9月26日、都内で開催された(写真1)。ソーシャル機能を備えたスマートフォン向けアプリを活用するアイディアを競う。

写真1●会場の様子。人数の多さもあって休憩時間は騒然とした雰囲気に
[画像のクリックで拡大表示]

 対象とするのはiPhoneやAndroid搭載スマートフォンである。学生らは3~6名でチームを構成して課題に挑む。スマートフォンとソーシャルグラフ活用アプリを使うことで有効なマーケティングを行える対象(商品、企業、ブランド、組織など)とアプリの提案を作成する「本課題」と、3つ以上の既存のスマートフォンアプリを評価する「補助課題」がある。優秀なプランを作成したチームには優勝賞金30万円などが支払われるほか、作成したプランが協賛企業に採用される可能性がある。

 このapplimコンテストの1回目では、65チーム、300人が参加し、SNSのソーシャルアプリを活用したプランを競った。2回目となる今回は、132チーム、550人が参加し、急成長するスマートフォンを題材として取り上げた。審査員として、ブレークスルーパートナーズ赤羽雄二氏を筆頭に、広告代理店やインターネットサービス企業から7人が参加する(写真2)。

写真2●審査員の一覧
[画像のクリックで拡大表示]

 この日のイベントでは、参加者にコンテストの趣旨を説明し、学生たちのチームを支援するメンター役との顔合わせを行った。各チームには2名のメンター役が付く。

 まずapplim代表の久野祐揮氏(東京工業大学 修士2年在学)がコンテストの趣旨と概要を説明した。「新しいマーケティングツールを考えることは重要」と強調、特にソーシャルグラフの活用が今の最先端であることを説明した。ソーシャルグラフの活用事例として、(1)全商品に Facebookの「Like」ボタンを設置したリーバイスのオンラインショップ、(2)映画『リアル鬼ごっこ2』の公式iPhoneアプリ「リアル鬼ごっこ2レーダー」、(3)スマートフォンどうしを接触させてアドレスを交換するアプリ「Bump」(iPhone版、Android版がある)の3件を紹介。スマートフォン活用のマーケティングではソーシャル機能を取り入れることの重要性を説明した。このコンテストの狙いは、スマートフォンのマーケティングという最先端分野を手がけることで、「新しいビジネスチャンスに対してアンテナが立つようにする」こと、と締めくくった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら