マイクロソフトは9月15日、Webブラウザの次期版「Internet Explorer 9(IE9)」のベータ版を公開した。IE9では、新しいJavaScriptエンジンを搭載すると同時に、GPUを活用したハードウエアアクセラレーション手法などを採用し大幅な高速化が図られている。それ以外に、HTML5やCSS3(Cascading Style Sheets)といったWeb標準規格を積極的にサポートするほか、Windows 7との連携機能も強化するなど、かなり“本気”モードなバージョンに仕上がっている。

 IE9は、果たしてIE8と何が変わるのだろう。今回は、急きょ予定を変更し、番外編として新しくなったInternet Explorerを検証してみよう。

シンプルになったデザイン

 IE9を起動してみた最初の印象は「シンプル」の一言に尽きる(図1)。

図1●シンプルになったIE9のデザイン
アドレスバーとタブを同じ高さに並べて表示するようになり、お気に入りバーやステータスバーもデフォルトでは非表示になった。ナビゲーション部分は「戻る」と「進む」のボタンだけになり、コマンドバーのかわりに「ホーム」「お気に入り」「ツール」ボタンだけが並ぶ。検索ボックスもなくなった。
[画像のクリックで拡大表示]

 アドレスバーとタブの位置は同じになり、メニューやステータスバーもない。ナビゲーション部分も左側の「進む」「戻る」ボタン、右側の「ホーム」「お気に入り」「ツール」ボタンしかなく、検索ボックスもなくなってしまった。

 IE7やIE8に慣れ親しんだユーザーにとっては、検索ボックスがなくなったことに戸惑う人がいるかもしれない。だが、IE9ではアドレスバーが検索ボックスの役割も果たすので心配はいらない。アドレスバーから検索を実行するときは、検索する文字を直接入力していけばよい。すると最初は「履歴」や「お気に入り」から部分一致するものをドロップダウンに表示する(図2)。

図2●アドレスバーで検索が可能に
IE9のアドレスバーは検索ボックスも兼ねており、アドレスバーに文字を入力していくと「履歴」や「お気に入り」からの候補をドロップダウンに表示し始める。

 入力した検索文字列は、[Enter]キーを押すか[移動]ボタンをクリックして確定する。すると、マイクロソフトのBingサイトへ移動しWeb上の検索結果を表示する(図3)。マイクロソフトは、この新しいアドレスバーを「One Box」と呼んでいるらしい。

図3●図2のように表示された候補一覧の中から選択せずに[Enter]キーか[移動]ボタンで入力を確定させると、インターネットにアクセスして検索サイトのBingによる検索結果を表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 もし検索に利用するインターネット上のサイトを、BingからGoogleなどの他のサイトに変更したい場合は、アドレスバーにあるドロップダウンボタンをクリックして右下に現れる[追加]ボタンをクリックする。アドオンギャラリーのページが表示されるので、検索プロバイダのアドオンをインストールする。この際、「検索プロバイダーの追加」ダイアログで「既定の検索プロバイダーに設定する」のチェックを入れる(図4)。これで、アドレスバーから検索する際の検索プロバイダが変更される。

図4●検索プロバイダをBingから変更する
アドレスバーのドロップダウンボタンをクリックして、右下に現れる[追加]ボタンをクリックする。アドオンギャラリーのページが開くので、目的の検索サイトにあるインストールボタンをクリックする。表示される「検索プロバイダーの追加」ダイアログで、「既定の検索プロバイダーに設定する」にチェックを入れ[追加]ボタンをクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら