ここ数年「Application Lifecycle Management(ALM)」という言葉をよく聞くようになりました。ALMは、設計からコーディング、テスト、メンテナンスまでを一括管理するといった意味合いの言葉です。

 以前の開発ツールには、コーディング支援が主に要求されていました。しかし、アプリケーションの生産性と品質を高めるには、設計やテスト作業にもツールによる支援が必要だということがわかってきました。そこで、ALMという言葉と、それを実現するツールが注目されているのです。

 Visual StudioはVisual Studio 2005の段階で、コーディング担当者の効率を向上させる機能だけでなく、チーム開発を円滑に進めるための機能を搭載しました。2005から数えて3代目となるVisual Studio 2010(VS2010)には、設計者からテスト担当者に至る、開発に携わるすべての人がチームとして、開発、リリース、保守を円滑に進める機能が多数搭載されています。VS2010に含まれる機能で、ALMに役立つものを図1にまとめました。ここでは、管理やテストで利用できるVS2010の新機能に焦点を当てて解説していきます。

図1●Visual StudioのALM(Application Lifecycle Management)関連の機能
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら