ここまで解説した二つの機能は、主にテストを自動化したり、テストの実行を支援したりするものでした。これから紹介するテスト センターは、手作業で行われるテストのプロセスを管理して、負荷を軽減する目的で導入されています。

テストの内容と実行結果を管理する

 ただし、この機能は費用的なハードルがやや高いと言えます。テスト センターは、UltimateまたはTest Professionalのいずれかで提供され、さらに、チーム開発を手助けするTeam Foundation Server(以下、TFS)も別途必要になります。また紹介する操作には、TFSのセットアップとプロジェクト管理のベースとなるチーム プロジェクトの作成が必要です。

 ここでは、準備ができていることを前提に使い方を解説します。まず、Windowsのスタートメニューから「すべてのプログラム」を選択し、「Microsoft Visual Studio 2010」→「Microsoft Test Manager 2010」を起動します。

 起動して初期作業に移ります。まず図10のような画面でチーム プロジェクトへの接続を促されます。続いて図11の画面で、これから行うテスト作業のベースを作成します。本来ならば、テストの意味ごとに名前を付けるべきですが、ここでは適当な名前で追加し、右下の「計画の選択」を選択します。すると、テスト作業を行う図12の画面が表示されます。

図10●チーム プロジェクトへの接続画面
図10●チーム プロジェクトへの接続画面
図11●テストスイートの作成と選択画面
図11●テストスイートの作成と選択画面
図12●テスト スイートは複数のテストケースを持つ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら