次は、+ボタンなどの計算ボタンが押されたときの処理を作ります。計算ボタンが押された際の処理は図7で触れました。ここでは図7の(1)~(4)の処理について実装していきます。早速、+ボタンをクリックしたときの処理を実装したいのですが、処理の流れをよく考えてみると、(1)~(3)の部分は共通化できます。そこで、共通の処理部分をUpdateResultメソッドにまとめることにして、まずは各ボタンをクリックしたときの処理を記述します。

計算ボタンをデザイナーから生成する

リスト4●+、-、*、/、=ボタンと、Cボタンの処理(Form1.csの一部)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでもVS2010の新機能を使って、簡単にメソッドを作成してみましょう。一度デザイナーの画面に戻り、画面上の+ボタンをダブルクリックすると、AddButton_Clickメソッドのひな型がリスト4の(1)のように作られます。その中に処理を書きます。(2)で計算処理と表示の更新を行い、(3)で現在の計算種類を足し算として設定します。(2)で呼び出しているUpdateResultメソッドは、図7の(1)~(3)の部分をまとめたもので、まだ作っていません。

 -ボタン、*ボタン、/ボタンは計算種類が異なるだけです。(4)のように実装してください。(5)の=ボタンは、計算結果を保持するresult変数を初期化する必要があるので、(6)を加えています。

 (7)はCボタン(ClearButton)が押されたときの処理です。(8)で変数を初期化し、(9)でテキストボックスの値を初期化します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら