各ウィンドウの使い方や移動方法がわかったところで、アプリケーションの作成に進みましょう。まずは、開発対象のプロジェクトを作成します。VS2010のメニューから「ファイル」→「新しいプロジェクト」を選択します。図5の「新しいプロジェクト」ダイアログが表示されるので、「Windowsフォーム アプリケーション」を選択し、下部の名前欄に「Calculator」と入力して「OK」ボタンを押します。

図5●「新しいプロジェクト」画面。「Windowsフォーム アプリケーション」を選択し、プロジェクトの名前は「Calculator」としよう
図5●「新しいプロジェクト」画面。「Windowsフォーム アプリケーション」を選択し、プロジェクトの名前は「Calculator」としよう

VS2010のプロジェクトを作成する

 プロジェクトが作成できたら、一度ディスクに保存しておきましょう。ソリューション エクスプローラーで「Ctrl+S」(Ctrlキーを押しながらSキーを押す)を実行します。「プロジェクトの保存」ダイアログで、適当なフォルダを選択して「上書き保存」ボタンを押します。ここでは、デフォルト設定の、C:\Users\ユーザー名\Documents\Visual Studio 2010\Projectsに保存しました*5

 保存が完了したら、ソリューション エクスプローラーでCalculatorプロジェクトを右クリックしてコンテキストメニューを開き「プロパティ」を選択します。プロパティ画面が開いたら、左側の縦に並んだタブから「アプリケーション」を選択します。「対象のフレームワーク」の欄を見ると、「.NET Framework 4 Client Profile」が選択されていますが、ドロップダウンリストを見ると、図6のように.NET Framework 2.0なども選択できるようになっています。

図6●VS2010では、.NET Frameworkのバージョンを、2.0~4まで選択できる
[画像のクリックで拡大表示]

 VS2010では、.NET2.0~4の開発がサポートされています。今回は、.NET Framework 4を使うので、デフォルトのままで構いません。なお、有償版を利用する場合は、プロジェクトを作成する段階で、対象の.NET Frameworkを選択できます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら