モバイルの世界では現在、スマートフォンのプラットフォームが乱立している状態にある。このなかで急成長しているのが米グーグルのAndroid。だが、将来にわたって成長ペースを維持するためには、いくつかの課題を克服する必要がある。Androidを中心にスマートフォン市場の最新動向を分析する。


小川 敦/情報通信総合研究所 研究員

 米グーグルが2010年4月16日に発表した第1四半期の決算によると、売上高は対前年同期比23%増の67億5000万ドルと増収を達成した。発表資料には明記されていないものの、期中に多数発売されたAndroid端末やそれに関連する様々な動きが、今期の好業績に何らかの形で関与したと筆者はみている。だが、その成長を減速させかねない問題が顕在化してきている。今回はグーグルのAndroidを軸に、スマートフォンプラットフォームの動向を概説する。

 モバイルの世界は現在、多くのスマートフォンプラットフォームが乱立している状態にある。端末ベンダー各社は生き残りをかけて現状を打破する方法を模索している。例えばフィンランドのノキアはLinuxベースのMeeGoを米インテルと共同開発し、スマートフォン市場での巻き返しを図っている。韓国のサムスン電子は独自の新プラットフォームBadaを立ち上げつつ、AndroidやWindows Mobileも並行して同社端末に採用する意向を示している。

 このような状況のなかで、最も成長が著しいのはAndroidだ(図1)。現在、Android端末のベンダーは世界で30社近くに上る(リリース予定含む)。ここまではAndroidの推進主体であるグーグルの方策が奏功しているといえる。

図1●2010~2014年の搭載プラットフォーム別スマートフォン台数予測
図1●2010~2014年の搭載プラットフォーム別スマートフォン台数予測

克服すべきは断片化問題

 Androidが将来にわたって成長ペースを維持するためには断片化問題は避けて通れない。断片化問題とは、同じOSの異なるバージョンが市場に併存し、アプリケーションの互換性の対応が不十分になることを指す。例えばAndroid 1.5に対応しているアプリがAndroid 2.1と互換性があるとは限らない。そのため開発者にとって、アプリ製作にかかる時間的・経済的コストの負担が重くなっている。

 英調査会社のIMSリサーチは、この断片化問題の主因はAndroidが採用しているApacheライセンスだと指摘する。同ライセンスは著作権表示さえ順守すればソースコードを公開することなく無保証・自己責任の下でソースコードを改変できる。また、頒布先のライセンシーに対してAndroidの修正を反映することを義務付けていない。このような自由度の高さから、ライセンシーは意欲的にプログラムを改変しようとする。同時に、派生的(2次的)著作物が広がり、それが断片化につながってしまう。

 一方、Symbian OSはスマートフォンプラットフォーム競争ではかなり後れを取っているが、断片化問題では有利だ。Symbianが採用するソフトウエアライセンス体系はGPL(GNU General Public License)である。GPLはApacheとは対照的に、ソースコードの公開が義務付けられており、派生的著作物についてもGPLでライセンスされる必要があるなど厳しい条項を持つ。このためSymbianはAndroidに比べて断片化が生じにくい構造となっている。実際、Symbianで公開されている標準API(Application Programming Interface)を使って開発したアプリは、Symbian搭載端末ならどれでも問題なく動作する。

 断片化問題で不利だからといってAndroidの成長速度が深刻に落ち込むとは考えにくいが、優秀な開発者を確実にAndroidにつなぎ止めるためには、グーグルは何らかの方法でAndroidの断片化問題を解決する必要がある。対処を怠れば、断片化はさらに進行する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら