小川 大地、飯島 徹
日本ヒューレット・パッカード

 前回は仮想マシンのホット・マイグレーション機能である「VMotion」について、基本的な内部動作を紹介した。今回は、ベンチマークによりVMotionに実際にかかる時間を計測した。

 VMotionのベンチマークは、図1のようなシステム構成であるとする。ここでVMotion実行時にVMotion専用ネットワークで発生するESX02側のトラフィックを計測した例を図2に示す。この場合、ESX01側のVMotionにかかわるデータ受信量は、ほぼ同じ波形になる。十数秒にわたって900Mビット/秒程度のトラフィックが発生していることからも、VMotion用のネットワークは、専用のギガビット・イーサネットが要求されることが理解できる。より速くVMotionを完了させたいのであれば、より高速の、例えば10ギガビット・イーサネットを使えばよい。

図1●VMotionのシステム構成と実行時のイベント
[画像のクリックで拡大表示]
図2●VMotion専用ネットワークで発生するESX02側のトラフィックを計測した例
[画像のクリックで拡大表示]

 次にVMotionによって仮想マシンTestSrvの稼働するホストが変わると、クライアントPC上のアプリケーションに出る影響を検証した(図3)。影響度合いを可視化するために、TestSrv上でFTPサーバーを立ち上げ、クライアントPCからFTPクライアントを使って、容量が5Gバイトのファイルをダウンロードした。なお、ダウンロード時の送受信量は、それぞれ最大100Mビット/秒になるように調節してある。

図3●VMotionによってクライアントPC上のアプリケーションに出る影響
[画像のクリックで拡大表示]

 ご覧いただける通り、TestSrvが稼働するサーバーが切り換わるタイミングで、クライアントPCの送受信量が数秒間落ち込むが、切り換え後は何事もなかったかのように正常に戻っている。この程度であれば、クライアントPC上のアプリケーションにとっては、何ら影響はないものと見てよいだろう。

 実際、サーバー切り換え時においても、本検証で使用したFTPクライアントのTCPセッションは途切れることなく通信が継続した。この程度の短い切り換え時間であれば、仮に通信が途切れたとしても、TCPの再送処理で十分にまかなうことができると考えられる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら