「Google Apps」は、米グーグルが提供するクラウドサービス。メールシステムの「Gmail(ジーメール)」や共有カレンダーシステムの「Googleカレンダー」など、様々なアプリケーションをWebサービスとして提供する(図1)。

図1●Google Appsとは
米グーグルが提供するオフィスソフトのクラウドサービス。メールや表計算など日常業務に利用するソフトだけでなく、カレンダーや従業員研修に利用できるビデオ配信サービスなども含まれている。画面は主なサービスを取り上げた。
[画像のクリックで拡大表示]

 Google Appsは、ユーザーに合わせた複数のエディションがある。個人や家庭向けの「Google Apps Standard Edition」(以下、Standard)、企業向けの「同Premier Edition」(Premier)、教育機関向けの「同Education Edition」(Education)だ。

 StandardとEducationは無料だが、Premierは有料だ表1)。

表1●Google Appsは3エディションある
企業向けは中央のPremier Edition。大きな違いはメールの保存容量。企業が使う場合、「APIによる既存システムへの統合」は重要。シングルサインオンの認証機能が提供されるからだ。この連載ではPremier Editionについて解説する。
[画像のクリックで拡大表示]

 Premierの特徴は三つある。一つは「Gmailの容量」だ。Standardが1アカウントにつき7G(ギガ)バイト強の容量であるのに対し、Premierは約3倍の25Gバイトの容量を持つ。

 二つめは「サービスの稼働率が99.9%」である点。“ダウンすることがほとんどないサービス”というわけだ。ただし99.9%の稼働率を保証しているのはGoogle Apps自体の稼働状態であり、インターネットなどネットワーク周りを含めた稼働率ではないことに注意したい。

 そして最後が「ユーザー企業の既存システムとGoogle AppsをAPIで統合する仕組み」が提供されている点だ。

 ここからは、企業向けのPremierをベースに、Google Appsを企業が使いこなすうえで必要となる仕組みを“解剖”していこう。具体的には今回と次回の前半で「Google Appsの企業利用を補強する機能やサービス」を、次回の後半で「Google Appsによるオフィス機器の新しい使い方」を示す。

業務システムと連携、企業利用を促す

 「グーグルは元々コンシューマー向けのサービスから始めた会社のためか、“組織での利用”という考え方が希薄です。Google Appsも企業向けサービスとしては物足りない面が見受けられます」(富士ソフト ソリューション事業グループ クラウドユニットの間下浩之ユニット長)。そのためソリューションベンダーやグーグル自身が、Google Appsを企業向けに使いやすくするためのサービスや機能を提供している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら