タブレット端末「iPad」の世界発売を目前にして、米Appleの発行済株式数に基づいた時価総額が米Microsoftを抜いたというニュースが世界中を駆け巡った。2010年5月26日のAppleの株価は終値ベースで前日比0.4%安の244.11ドル、一方Microsoftの株価は同4%安と大きく下落し、25.01ドルとなった。

 この日の終値ベースのAppleの時価総額は約2221億ドルとなり、Microsoftの約2192億ドルを上回った。AppleはExxon Mobilに次ぐ全米第2位、IT業界でトップの座についた。米New York Timesの記事はこれを、「一つの時代の終わりと新たな時代の幕開け」と表現し、今のAppleの及ぼす影響の大きさを伝えた。

 そのAppleを支えているのはiPhoneである。同社は2010年の1~3月期に、約880万台のiPhoneを売り上げた。過去1年間で見ると約3000万台になる。今やiPhoneの売り上げは同社全売上高の4割を占めている。また4月3日に米国で販売開始したiPadは2カ月で200万台超を売り上げた。この5月28日には世界9カ国でも販売が始まっており、その数字が反映される今期(4~6月期)の決算に投資家が期待を寄せている。

 iPhone、そしてiPadと、急成長するモバイル端末市場を謳歌するAppleだが、そうした中、ライバル企業は危機感を募らせており、次々と新戦略を打ち出している。

【関連記事】

Microsoftのモバイルのシェア転落、組織再編でテコ入れへ

 Microsoftは5月25日、スマートフォン向けOS「Windows Phone 7」などのモバイル事業について、Steve Ballmer最高経営責任者(CEO)の直轄とする組織再編計画を発表した。併せて同社で携帯電話やゲーム事業を率いてきたRobbie Bach氏の退任も発表。不振な消費者部門をテコ入れし巻き返しを図る。これを受け、米Wall Street Journalなどの各メディアが「携帯電話や、iPadなどの新たなデバイスの台頭は、Microsoftのパソコン向けソフトウエア事業も脅かしている」などと報じ、不安を投げかけた。

 米Gartnerの調査によると、2010年第1四半期のスマートフォンOS市場では、MicrosoftのWindows Mobileのシェアが6.8%となり、米Google主導のAndroid(9.6%)に抜かれ5位に転落した。トップはフィンランドNokiaのSymbianで44.3%、2位は北米などでビジネスパーソンに人気があるカナダRIM(Research In Motion)のBlackBerryで19.4%。AppleのiPhone OSは15.4%で3位となった。この中で、iPhoneとAndroidが急速にシェアを伸ばしている。

携帯世界最大手も危機感募らす

 安閑としていられないのがスマートフォンの技術を巡ってAppleと特許係争を繰り広げているNokiaだ。同社は携帯電話機世界最大手。しかし2010年第1四半期における同社出荷総数は前期に比べ15.1%も減少している。

 とりわけスマートフォンなど高機能端末の分野で危機感を抱いており、この7月に大規模な組織再編を実施する。新たにスマートフォン部門を設置、米Intelと開発を進めるモバイルOS「MeeGo」やSymbian端末と、モバイル向けネットサービスの事業を統合する。消費者にアピールできる高付加価値製品を迅速に開発する体制を作るという。

 また同社は米Yahoo!とネットサービスで世界規模の戦略的提携を結んだ。2007年に81億ドルで買収したNAVTEQの地図/ナビゲーションサービスは、米Googleのサービスよりも知名度が低く、投資効果が十分に得られていないと指摘されている。同社はこのサービスをYahoo!を通じて提供することで、モバイルネットサービス「Ovi」の知名度向上も図る。Yahoo!のブランド力を利用して北米市場で販売攻勢をかけたい考えだ。

 一方のYahoo!は、Nokiaの携帯電話に電子メールとインスタントメッセージングのサービスを提供する。中国やインドなど新興国で利用者が多いNokiaのユーザーにYahoo!のブランドを認知させ、次世代インターネットユーザーの早期囲い込みを狙っている。

【関連記事】

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら