九州旅客鉄道(JR九州)は2009年3月1日、ICカード乗車券サービス「SUGOCA(スゴカ)」を開始した。システム投資とトレードオフの関係にある旅客サービスの内容・品質を抜本的に見直すことで、導入費用を当初想定の約3割減に抑えた。JR東日本が提供する「Suica」と同じ仕組みだが、最大トランザクション数は二ケタ小さい。過剰スペックのシステムを自社導入する工夫と決断に迫る。<日経コンピュータ2009年5月13日号掲載>

[画像のクリックで拡大表示]

 「明らかに過剰スペック。このままでは予算を大きく上回ってしまう」。九州旅客鉄道(JR九州)でICカード乗車券の導入プロジェクトが始まった2006年夏、大坪孝一カード企画室担当課長らが率いるプロジェクトメンバーは頭を抱えた。

図1●規模が二ケタ違うシステムと同じ機能・サービスを小規模システムで提供
[画像のクリックで拡大表示]

 ICカード乗車券の仕様はJR東日本が提供する「Suica」と同じ。だが、Suicaの発行枚数は約2800万枚であるのに対し、JR九州の計画では初年度35万枚、2014年時点で100万枚だ(図1)。トランザクション数もSuicaは1日当たり最大3000万件であるのに対し、SUGOCAは同80万件と二ケタも小さい。ICカード乗車券を実現するためにSuicaのシステムを丸ごと自社導入することは、同社にとって非現実的なことだった。

 システムを安く導入するだけなら、自前にこだわらず「借りる」という選択肢もある。実際、東京モノレールや東京臨海高速鉄道などは、JR東日本からICカード乗車券システムを借りている。しかし、「ポイントサービスなどを自由に企画できないため、事業の独自性を保てない」(大坪担当課長)といった理由から、自社導入は譲れないラインだった。

 それから3年後の2009年3月1日、博多駅を中心とする九州北部125駅でICカード乗車券サービス「SUGOCA」が始まった。開始1カ月で10万枚を発行するなど、滑り出しは好調だ。改札機や券売機といった設備投資を含む総投資額は約90億円。うちシステム投資は約20億円(本誌推定)。決して安くない投資だが、「当初想定していたよりも、システム投資を3割削減できた」とプロジェクトメンバーは胸を張る。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら