リクルートは、Androidアプリケーション「ホットペッパーFooMoo for Android」を2010年3月9日に公開した。同社が運営するグルメサイト「ホットペッパーFooMoo(フームー)」のWeb APIを使い飲食店情報を検索し、店の情報を表示したり、割引情報などを記載したクーポン券を取得できる(写真1~写真3)。音声検索機能があり「オモテサンドウ カフェ」「ギンザ ヤキニク」とマイクに向かってしゃべるだけで、検索を実行してくれる(写真4)。4月1日にNTTドコモが発売したソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製Android搭載スマーフォン「Xperia」が市場に投入された後、同アプリのダウンロード数も急増。記事執筆時点のダウンロード数は約3万である。

写真1●ホットペッパーFooMoo for Androidの初期画面
検索条件を指定して、飲食店を検索する
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●検索結果の地図表示
地図上に検索結果の一覧を表示する。iPhone版と、「ピン」のデザインをそろえている点に注目
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●検索結果のリスト表示
リスト表示の画面。「Androidなので」背景色は黒とした
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●音声検索の画面
Google音声検索と同じ認識エンジンを使い、音声検索を実施する。「オモテサンドウ カフェ」と入力してみた
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリケーションの開発に「Go」が出たのが2009年の12月。そして2010年の1月21日に開催されたXperiaの発表会「Xperia タッチ&トライ・イベント」(関連記事)の会場に、同アプリケーションは展示された。この時点では「7割の完成度」だったというが、1カ月弱で動くアプリの開発に成功したことになる。大手企業の公式プロジェクトとしてはかなりのスピード感がある。

 このAndroidアプリケーションの開発経緯を取材した。

きっかけはXperia

 開発を担当したのは、リクルートの実証研究機関メディアテクノロジーラボである。チーフエンジニアの舩見高貴生氏がリーダーとなり、山本大策氏との2人で開発を分担した。

リクルート メディアテクノロジーラボ チーフエンジニア 舩見高貴生氏
[画像のクリックで拡大表示]
リクルート メディアテクノロジーラボ 山本大策氏
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリケーション開発のきっかけは、Androidスマートフォン「Xperia」である。日本でのXperiaの発売をにらんで、新たなAndroidアプリケーションを開発してもらうよう、十数社のサービス提供企業への働きかけが進められていた。同社も打診を受け、アプリケーションに乗り出すこととなった。2009年12月のことである。

 アプリケーションの開発が始まった時点では「Android版を作ろう」という大枠があり、開発者が決まっていただけで、詳細は白紙の状態であった。それが、1カ月後には展示できるアプリを完成させた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら