今回は、どんな人が「こころの病」にかかりやすいのかを、職種やベンダー/ユーザーの違い、年齢、性別、残業時間など、様々な属性で分析する。

 まずは、職種ごとに見てみよう。図1は、職種ごとに見た、こころの病と診断されたことがある割合である。

図1●職種ごとに見た、こころの病と診断されたことがある割合
図1●職種ごとに見た、こころの病と診断されたことがある割合

 こころの病と診断されたことがある割合が最も高かったのは、プログラマだった。21.3%と約5人に1人が、医師にこころの病と診断されたことがある。今回の調査の平均が15.5%なので、これはかなり高い数字である。プログラミングの仕事は、人間関係が希薄になりやすいことが原因だろうか。

 プログラマに次いで高かったのは18.6%のSE。以下、運用/管理(18.2%)、保守/サポート(17.4%)、プロジェクト・マネジャー(16.7%)と続く。

 逆に最も割合が低かったのは、管理職・経営者である。こころの病と診断されたことがある割合は8.6%と、平均の約半分だった。こころの病にかからないような人しか管理職・経営者にはなれない、ということなのかもしれない。

ベンダーのほうがユーザーよりもこころの病にかかりやすい

 では、ベンダーとユーザー企業では、どちらがこころの病になりやすいのだろうか。

 図2は、ベンダー/ユーザーごとに見た、こころの病と診断されたことがある割合である。

図2●ベンダー/ユーザーごとに見た、こころの病と診断されたことがある割合
図2●ベンダー/ユーザーごとに見た、こころの病と診断されたことがある割合

 これを見ると、明らかに、ベンダー企業(システム・インテグレータ,メーカー,ディーラー,ソフト製品開発などIT関連企業)のほうが、ユーザー企業(製造,サービス,金融,流通,官公庁などITのユーザー企業)よりも高いことがわかる。ユーザー企業に務めている人がこころの病と診断されたことがある割合が12.1%なのに対し、ベンダー企業に勤めている人の割合は、その1.5倍の18.8%にも及ぶ。この結果を見ると、IT業界あるいはITエンジニアが、他の業界や職種と比べてこころの病になりやすいのは、間違いないようだ。

 このことは、「勤務先で『うつ病』になった人を実際に知っているかどうか」をベンダー/ユーザー別に見た図3にも表れている。

図3●ベンダー/ユーザーごとに見た、勤務先で「うつ病」になった人を実際に知っているかどうか
図3●ベンダー/ユーザーごとに見た、勤務先で「うつ病」になった人を実際に知っているかどうか

 職場でうつ病になった人を知っていると答えた割合は、ユーザー企業が74.0%だったのに対して、ベンダー企業は81.5%と8割を超える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら