プロローグで見たように、ITエンジニアのこころの病の問題は、長引く不況のせいでますます深刻化している。

 では、実際に、どれくらいの割合の人が「こころの病」と診断されており、どんな人がこころの病になりやすいのか。こころの病であると感じる主な原因は何なのか。職場には実際にどれくらい「うつ病」にかかった人がいるのか---こうした、こころの病の実態を明らかにするために、ITproでは「ITパーソンのメンタルヘルスに関するアンケート」を実施した。アンケートは、2010年3月30日~4月7日にかけて実施し、4009人から回答を得た。これだけの人数の回答者がいれば、かなり正確に実態を表していると言っていいだろう。

 アンケートではまず、「あなたは,自分がこころの病だと感じたことがありますか」と質問した。その結果は、「感じたことがある」と答えた割合が49.4%、「感じたことがない」と答えた割合が50.6%だった。2人に1人が、これまでにこころの病だと感じたことがあるわけだ。これはかなり高い割合と言えるだろう。

図1● あなたは,自分がこころの病だと感じたことがありますか(有効回答数3993人)
図1● あなたは,自分がこころの病だと感じたことがありますか(有効回答数3993人)

 これまでに、医師やカウンセラーに相談したことがあるかどうかも聞いた。その結果は、「医師の診察を受けたことがある(カウンセラーには相談していない)」が12.7%、「診察を受けたことも,カウンセラーに相談したこともある」が6.3%、「カウンセラーに相談したことがある(医師の診察は受けていない)」が4.9%だった。医師の診断を受けたりカウンセラーに相談したことがある人の割合は23.9%と、約4人に1人である(図2)。

図2●医師やカウンセラーに相談したことがありますか(有効回答数3933人)
図2●医師やカウンセラーに相談したことがありますか(有効回答数3933人)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら