星 暁雄=コモンズ・メディア

 スマートフォンの時代が来る。iPhoneの普及、そしてAndroidスマートフォンの急伸により、携帯電話の世界が個人向けコンピューティングの最先端となった。多くの開発者がこの分野に強い関心を向けている。

 2010年4月17日開催の「Android Developers Forum in Tokyo」(主催 日経BP社 ITpro、Android Application Award事務局、日経BPセミナー事業センター、特別協賛 NTTドコモ、特別協力 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、日本Androidの会、関連記事)で行われたパネルディスカッションでは、NTTドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画 担当部長 山下哲也氏、日本Androidの会 会長 丸山不二夫氏、慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授 古川享氏、ユビキタスエンターテインメント(UEI) 代表取締役社長の清水亮氏の4氏が登壇した。

写真●Android Developers Forum in Tokyoのパネルディスカッション
撮影:中根祥文

 パネリスト達は、スマートフォンの時代に起こることは何かを、多様な切り口から語った。ビジネスの変化、コミュニティの重要性、オープンなサービスが勝つとの見方──。

 スマートフォンの分野では、米AppleのiPhoneが図抜けた存在感を示し、米Googleが推進するAndroidを搭載した端末の製品化が相次ぐ。ソニー・エリクソン、米Motorola、台湾HTC、韓国SamsungなどのメーカーがAndroidに取り組んでいる。iPhoneにせよAndroid搭載スマートフォンにせよ、携帯電話というより個人向けコンピューティング環境の最前線と考えた方がよい。このようなデバイスの普及により、一体何が起こるのか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら