クライアントの仮想化には「仮想デスクトップ」と「アプリケーション仮想化」の二つがある。後者のアプリケーション仮想化は、アプリケーションをクライアントOSに導入せずに用いる手法だ。画面転送型とストリーミング型の2種類がある。

画面転送型とストリーミング型がある

 画面転送型は、サーバー上で稼働させたアプリケーションを複数のユーザーで共用する方式。代表的な製品は、Citrix XenAppとMicrosoft RDSである。その歴史は古く、XenAppの前身となるWinFrameが発表されたのは1995年にさかのぼる。先に見た仮想デスクトップは、画面転送型のアプリケーション仮想化を発展させた形ともとれる。そのため、どちらを使うべきか迷うユーザーは少なくない。オージス総研の事例から両者を使い分ける指針を見よう。

 オージス総研の運用サービス本部では、大阪ガスのシステム向けにコールセンターを用意している。「PCが動かなくなった」「ソフトの使い方がわからない」など、日々問い合わせが舞い込む。セキュリティ要件からコールセンター用端末30台をシンクライアント化するに当たり、仮想デスクトップ「Citrix XenDesktop」を選んだ。すでに他のシステムでXenAppを利用していたにもかかわらずだ。

 「製品を選んだ当時、ホスト端末エミュレータがXenAppでうまく動かなかった。それに加えて、XenAppがサーバーOS上で稼働するのに対して、XenDesktopは仮想マシン上でクライアントOSが動かせることも大きい。サポート業務という性格上、ユーザーと同じクライアント環境を用意したかった」。オージス総研 運用サービス本部の米田和久システム運用部長は選択理由をこう話す(図10)。

図10●ヘルプデスク業務にXenDesktopを利用するオージス総研
セキュリティ保護の観点で、端末に情報を残さない画面転送型クライアントを選択。XenAppとの比較結果から、XenDesktopを採用した
[画像のクリックで拡大表示]

 画面転送型のアプリケーション仮想化は、マルチユーザー対応していないアプリケーションが利用できない。一方の仮想デスクトップは、ユーザーごとに仮想マシンでアプリケーションを動かすので、こうした制約がない。さらにサーバー仮想化ソフトの管理機能が活用できることもあり、シンクライアントの主役の座は仮想デスクトップに移りつつある。

 ただし、画面転送型のアプリケーション仮想化にもメリットはある。仮想デスクトップよりもクライアントの集約率が高いことだ。前者が一つのOSを複数人で共用するのに対して、後者はユーザーの数だけOSが必要。集約率が高ければサーバーのスペックや台数を抑えられる。

 例えばシトリックス製品で見れば、XenAppの方がXenDesktopよりも集約率は高いといえる。竹内担当部長は「XenDesktopでユーザーごとにOSを用意する必要があるかというと、そうではないケースも多い。その場合はXenAppで十分だ」と話す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら