Hyper-V 2.0のハードウェア要件

 Windows Server 2008 R2の Hyper-Vのハードウェア要件としては、x64プロセッサ、ハードウェア仮想化支援機能(Intel VTまたはAMD-V)、およびハードウェアデータ実行防止(ハードウェアDEP)が必要です。これらの要件以外については、Windows Server 2008 R2のハードウェア要件と同様です。ただし、ワイヤレス LANを仮想ネットワークとして使用することはできないので、仮想マシンにネットワーク機能を提供するためには、有線のネットワークアダプターが必要になります。

ハードウェア仮想化支援機能
 プロセッサにハードウェアベースの仮想化テクノロジが実装されており、有効になっている必要があります。Hyper-Vは、Intel Virtualization Technology(Intel VT)とAMD Virtualization(AMD-V)をサポートしています。

ハードウェアデータ実行防止
 ハードウェアデータ実行防止(Hardware-enforced Data Execution Prevention、以下「ハードウェアDEP」)機能が利用可能であり、有効になっている必要があります。ハードウェアDEPは、Intelプロセッサでは「Intel Execute Disable bit(XD bit)」、AMDプロセッサでは「AMD No Execute bit(NX bit)」と呼ばれます。

 Hyper-Vが動作するためには、ハードウェア仮想化支援機能およびハードウェアDEP機能をBIOSレベルで有効にしておく必要があります()。BIOSセットアップユーティリティにおける、これらの機能に対応するオプションの名称は、システムによって異なります。図は、Dell PowerEdge T410(Intel Xeon 5506)の場合の例です。[Virtualization Technology]と[Execute Disable]の両方を[Enabled]に設定することで、Hyper-Vのハイパーバイザーが機能するようになります。

図●BIOSセットアップユーティリティを使用して、Hyper-V要件を準備する
図●BIOSセットアップユーティリティを使用して、Hyper-V要件を準備する

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら