都道府県CIOフォーラム第7回春季会合の様子

■都道府県CIOフォーラムは2010年2月4日・5日の2日間、東京都内で第7回春季会合を開催した。今回は「自治体クラウド」「自治体経営の“見える化”と住民参加」「ITの“事業仕分け”(非公開)」をテーマに、42団体のCIO・情報化推進担当責任者が議論した。冒頭の議事では会長・副会長の改選を実施し、4月からの新会長として岐阜県総合企画部次長の鈴木正司氏が選出された。
(構成:羽野 三千世=ITpro、写真:新関 雅士)

■「都道府県CIOフォーラム 第7回 春季会合」プログラム
2月4日(木) 初日
時間 内容
14:00~14:30 Opening Networking(名刺交換会、展示コーナーご案内)
14:30~15:00 議事
15:10~15:55 特別講演
「電子自治体の現状と課題」
総務省 自治行政局 地域情報政策室長 高地圭輔氏
16:00~16:20 協賛社講演
「スマートな電子自治体・電子政府を実現するバックオフィス連携の実装事例」
日本IBM
16:20~16:40 協賛社講演
「クラウドの実践、サービス要件とインフラ整備について」
シスコシステムズ
16:40~16:55 (休憩、展示コーナーご案内)
16:55~17:25 テーマ報告
「自治体クラウド開発実証事業の状況と庁内システムにおけるクラウド活用」
大分県 商工労働部情報政策課長 山戸康弘氏
17:25~18:40 ディスカッションI
「自治体クラウドと都道府県庁内クラウドの活用」
18:50~19:50 Reception(情報交換会)
2月5日(金) 2日目
9:00~9:15 Opening Networking(展示コーナーご案内)
9:15~9:25 初日の総括
都道府県CIOフォーラム会長(新潟県総務管理部 情報企画監) 松下邦彦氏
9:25~10:10 基調講演
「新しい公共のかたち~“オープンガバメント”」
東京大学公共政策大学院 特任教授 奥村裕一氏
10:10~10:30 協賛社講演
「クラウド、仮想化の活用と情報セキュリティ対策」
トレンドマイクロ
10:30~10:50 テーマ報告
「IT資産情報データベースについて~47都道府県でのIT資産情報共有化に向けて」
岐阜県 総合企画部次長 鈴木正司氏
10:50~11:50 ディスカッションII
「自治体経営の“見える化”と住民参加」
12:00~12:50 Lunch(情報交換会)
12:50~13:30 特別講演
「地域情報プラットフォームに関する総務省の取り組みについて」
総務省 情報流通行政局 地方情報化推進室長 青山忠幸氏
13:35~14:05 テーマ報告
「行政の事業仕分けとシステムの目指すべき姿」
木下敏之行政経営研究所 代表、前・佐賀市長、行政刷新会議仕分け人 木下敏之氏
14:10~15:10 CIOラウンドテーブル
「ITの“事業仕分け”のあり方」(内容非公開)
15:15~15:25 総括&閉会の挨拶
都道府県CIOフォーラム会長(新潟県総務管理部 情報企画監) 松下邦彦氏

* 発言者の肩書きは会合開催時のものです。
後援:総務省、全国知事会、地方自治情報センター(LASDEC)、全国地域情報化推進協会(APPLIC)
協賛:日本IBM、シスコシステムズ、トレンドマイクロ

都道府県CIOフォーラムとは
各都道府県のCIO(最高情報責任者)または情報化推進担当責任者で構成する任意団体(会長:岐阜県 総合企画部次長 鈴木正司氏)。相互の情報共有や民間IT企業も含めた意見交換を通じて、IT施策の推進に寄与することを目的に、2003年8月26日に設立された。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら