手続き型の開発言語「COBOL」が誕生したのは、50年前の1960年4月のこと。英語に似た文法を持つこと、金額計算に向いていることなどから、多方面で利用されてきた。これまでに4回の規格改訂を受け、最新規格ではオブジェクト指向機能も備えた。今もシステム開発プロジェクトの2割弱で利用されるなど、第一線の開発言語である(COBOLコンソーシアム主催「COBOL誕生50周年記念セミナー」の詳細はこちら)。

COBOLは「Common Business Oriented Language」の略

図1●50年前に書かれた最初のCOBOL「COBOL-60」の仕様書の表紙
[画像のクリックで拡大表示]
図2●COBOL-60仕様書に記された謝辞
[画像のクリックで拡大表示]

 図1が、COBOLが2010年に50周年を迎える証拠である。最初のCOBOLである「COBOL-60」の仕様書だ。1960年4月の日付が確認できる。COBOLを「Common Business Oriented Language:共通事務処理用言語」の略としていることも分かる。

 COBOL-60仕様書の表紙を掲載するに当たり、当時の流儀にのっとり「謝辞(Acknowledgment)」を掲載する(図2)。COBOLコンソーシアム会長の高木渉氏によれば、COBOL85規格以前は、この謝辞を掲載すればCOBOL仕様書の複製が自由だったという。

 COBOL-60公開の前年、1959年5月にユーザーとコンピュータメーカーなどの代表約40人が米国防総省に集まり、事務処理用のプログラミング言語を作るための会合が開かれた。その場で、「CODASYL(The Conference on Data Systems Languages:コダシル、データシステム言語協議会)」という団体が設立され、同年11月にCOBOL言語仕様が開発された。これがCOBOL-60である。

 COBOL-60の開発に当たり、CODASYLが決定した方針は、「可能な限り記号的な(シンボリックな)表現をやめて、英語に近いプログラミング言語を作ろう」というものである。

 それまで、コンピュータの主な用途は科学技術計算だった。1956年に登場した最初の高水準言語「Fortran」は数式に似た記述法を採っている。COBOLは、“アンチFortran”として生まれたのである。その現れの一つが、数式ではなく英語の文章に似たコーディングをすること。10進数でデータを表現したり、帳票作成が容易といった特徴も、事務処理を意識した結果である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら