地域住民の生活支援にITを活用する試みが、千葉県柏市の柏の葉地域で始まっている。育児や就業支援、地域案内などに、小型の情報端末やICタグ、GPS(全地球測位システム)、ICカードといった技術を役立てる。今後の地域社会において、ITをどのように活用すれば生活しやすくなるかを探り出す。

 今回の試みは、総務省の「地域ICT 利活用モデル構築事業」の一環で、予算額は1億9000万円。市内北部にある柏の葉地域の住民と、同地域を訪れた一般個人に、複数の試験的サービスを提供する。2010年2月15日からの約1カ月間、野村総合研究所、パナソニックシステムソリューションズジャパン、日立製作所が共同でサービスを提供し、その利用状況と効果などを検証する。

 サービス内容は、大きく2種類ある。一つは育児支援に関するサービス。もう一つはICタグやGPSを使って地域情報を配信するサービス群だ。

子供の送迎者を指静脈で認証

 育児支援関連サービスの中核になるのは、「かしわ あぃあぃ広場」と呼ばれるポータルサイトである。アカウントを登録して会員になれば、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)や掲示板が利用できる。また同ポータルサイトからは、「送迎・あずかり支援サービス」「デジタル連絡帳・伝言板サービス」「子どもの見守りサービス」の三つのサービスも利用可能だ。

 送迎・あずかり支援サービスは、子供の送り迎えを代行するもの。一定時間預かることもある。親が仕事などで子供を送迎できない場合に、Webサイトから代行を依頼する。地域の協力会員がその情報を参照し、代行を引き受けることを返信する。当日の依頼にも対応する。

写真1●子供を迎えにきた協力会員を指静脈で認証する
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に子供を迎えにくる協力会員が、本人かどうかを確認する手段として、指静脈認証システムを使っている(写真1)。市内の保育園など6カ所に、パソコンと指静脈認証デバイスを配布する。

 同様のサービスはこれまでも、柏市福祉協議会が運営する「かしわファミリー・サポート・センター」が提供していた。だが、依頼や受け付けの手段は電話だけだったうえに、サービス利用の1週間前までに申し込む必要があった。

小型端末でメールを送受信

写真2●手入力した文字は画像としてメールに送られる
[画像のクリックで拡大表示]

 「デジタル連絡帳・伝言板サービス」は、子供でも簡単に使える端末を用意し、学校と家庭のコミュニケーションを活発化するもの。LinuxベースのOSを搭載する小型端末「Chumby」(米チャンビー・インダストリーズ製)を22台用意し、試験サービスを利用する家庭に配布する。柏市田中小学校の1年生と3年生の22人が利用する予定である。

 Chumbyは、学校からの連絡事項を表示する機能やメール受信機能などを搭載する。画面がタッチパネルになっているため、パソコンなどより使いやすいのが特徴だ。キーボードはなく、手書き文字を画像として保存する。それをメールで送信すれば、携帯電話などからも参照できる(写真2)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら